先日選挙カーで事故った青山繁晴氏が今度は演説中に噴水で溺れた男性を助ける(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/29t2Nwc 先日選挙カーで事故った青山繁晴氏が今度は演説中に噴水で溺れた男性を助ける(画像あり)

iQVKqKqtGQI56eK1467286054_1467286059

1: 2016/06/30(木) 19:46:03.52 

青山繁晴選挙事務所さんより ・ 6/30(木) 尼崎駅での模様です。途中、近くの噴水に男性が落ちて溺れかけてしまい、候補が噴水に飛び入り救出しにいく場面がありました。救急車を呼びましたが、男性は無事お帰りになられたそうです。

演説中、男性が噴水に倒れられて青山さんが飛び込み助けに行くというハプニング?? 聴取の中に医師もおられ皆んなの連携で見事救出??救急車にて搬送??以降の演説はヨドバシカメラ前で長めにやるそうですよ??

画像
no title

青山繁晴



青山 繁晴(あおやま しげはる、1952年7月25日 – )は、民間シンクタンクの独立総合研究所代表取締役社長、近畿大学経済学部総合経済政策学科客員教授(国際関係論)、東京大学教養学部講師。夫人は水産学研究者・水産学博士で、同研究所取締役自然科学部長の青山千春、長男は同研究所研究員の青山大樹。
肩書きについては、新聞、テレビ等で「ジャーナリスト」、「評論家」、「タレント」などと誤って紹介されることが多いため、そのたびに「実務家」であると訂正している。2002年4月に独立総合研究所を設立して以降は、自身の第一の肩書は「独立総合研究所社長」としている。

来歴


1979年4月、26歳で共同通信社に入社。2か月の新人研修後、徳島支局へ赴任、徳島県警の事件記者を担当。徳島大学病院不正事件等の記事を配信していく。1995年12月、外務省サブキャップを担当。ペルー日本大使公邸占拠事件発生直後にペルー入りし、半年間ペルーに滞在して事件の一部始終を取材した。1996年12月共同通信ペルー特派員。この体験が引き金となり、記者を辞めることを決意した。1997年12月31日、共同通信社を依願退社。2002年4月 三菱総研時代の仲間数人と独立して、有限会社独立総合研究所を設立。代表取締役社長兼主任研究員に就任。同年5月には経済産業省の総合資源エネルギー調査会の専門委員に任命される。2016年6月20日、第24回参議院議員通常選挙に自民党公認で比例区から出馬する事を表明した。

hqdefault

青山繁晴
– Wikipedia


http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/06/30(木) 19:46:51.77
なにこの仕込み

6: 2016/06/30(木) 19:47:19.00
チャバン

8: 2016/06/30(木) 19:47:47.57
噴水で溺れる?
都合よく医者がいる

不幸中の幸いですね!!



続きを読む

16
-
Rates : 0