ブラマヨ吉田が過激化する『地下アイドルの接触商法』に対して物申す(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/29aV47N ブラマヨ吉田が過激化する『地下アイドルの接触商法』に対して物申す(画像あり)

6O9TQomyDMaUAko1467290917_1467290924

1: 2016/06/30(木) 20:38:23.91

吉田良いこと言ったわ
ももクロみたいに握手会とか一切なくなく歌とダンスで勝負して行くぜみたいな方にはならないのか?

no title1066a560-s

吉田敬



吉田 敬(よしだ たかし、1973年6月27日 – )は、日本のお笑い芸人であり、ブラックマヨネーズのボケ担当である。立ち位置は向かって右。
京都府京都市出身。身長173cm、体重63kg。吉本興業所属。相方は小杉竜一。

来歴


現在の顔のひどいブツブツは、当時中学生だった吉田がニキビに悩み、通販で「ニキビを消すローラー」を購入し、顔にローラーを押し当て顔中のニキビを一気に潰したからとのこと。
高校は京都市立日吉ヶ丘高等学校に進学し弓道部に所属していたが、男子部員6名中唯一の補欠だった。弓の弦でニキビを潰しながら、顔を血まみれにして練習をしていたという。弓道部入部のきっかけが、5日間の合宿の間に憧れの女子(滑り止め含め2人)とどうにかならないかという不純な理由だった。なお、高校の同級生に映画監督の中野量太がいる。
高校卒業後の2年間は大阪でフリーターとして生活しており、パチンコ屋の店員・古紙回収業者・新聞配達員・デパートで靴磨きスプレーの実演販売などさまざまな仕事を10件ほど渡り歩いた。
本来は高校卒業後すぐにお笑いをやる予定だったが、一緒にNSCに入るつもりだった同級生の和田義浩が芝居の学校に行くと言い出したため、しょうがなくフリーター生活を続けていた。その和田と共に「ツインテール」というコンビ名でデビューするもすぐに解散してしまった。ただし、和田は現在では放送作家としてブラックマヨネーズのライブに携わるなどしており、二人の関係は至って良好である。
その後、実家の京都に一時帰郷するが、1998年に前々から組みたいと思っていた元「関西キング」の小杉竜一と「ブラックマヨネーズ」を結成。2002年からラジオ番組『ブラックマヨネーズのずぼりらじお』の放送が開始される。2005年、第5回M-1グランプリで優勝。

bafaa005

吉田敬
– Wikipedia


http://ift.tt/1VYBdcQ

4: 2016/06/30(木) 20:39:53.34
ももクロは接触無しでのし上がった唯一のアイドルだからな

5: 2016/06/30(木) 20:40:04.52
ていうかこれはアイドルに限った話じゃないんだけどね



続きを読む

16
-
Rates : 0