金曜ロードSHOW!「借りぐらしのアリエッティ」のその後がコチラ・・・

動ナビブログ ネオ http://ift.tt/2tTuH0U

金曜ロードSHOW!「借りぐらしのアリエッティ」のその後がコチラ・・・
「レア度」★★★☆☆

「借りぐらしのアリエッティ」のその後です。アリエッティとスピラーその後に関しては原作「小人の冒険シリーズ」に基づいての話にはなります。本編より主題歌がよかったという意見が多かったですねw

【超悲報】クレヨンしんちゃん、ガチで末期突入へ!






名無しさん
『借りぐらしのアリエッティ』の原作となった小説は、イギリスの作家メアリー・ノートンの『床下の小人たち』というファンタジー小説である。

原作小説においては?
『床下の小人たち』においては、アリエッティはスピラーと結婚している。

参照元




名無しさん
映画で登場する病人の翔が直後に受けた手術について。

これは、映画の冒頭でネタバレされているが、翔の声で「ぼくは、あの年の夏、母の育った古い屋敷で一週間だけ過ごした」と回想形式で語られていることから、手術は成功し生き延びたと考えられる。

参照元

名無しさん
原作・小人の冒険シリーズ 各話のあらすじ

1 床下の小人たち
イギリスの古い家の床下に、小人の一家が住んでいました。彼らにとって、人間と関係をもつことは絶対にしてはならないことです。けれど、小人の少女アリエッティは、床下の暮らしにあきあきして、外の世界にあこがれ、その家の男の子と知り合いになります。

2 野に出た小人たち
床下にひっそりと暮らしていた小人たちは、人間に見つかったことで、野原に脱出します。アリエッティは明るい日光や、野イチゴつみを楽しみ、野育ちの小人スピラーと友だちになります。しかし、人間からはなれてくらす戸外の生活は、容易ではありませんでした。

3 川をくだる小人たち
小人スピラーの助けで、小人の一家は森番の小屋にたどりつき、いとこの家族と再会します。が、ここも安住の地ではありませんでした。下水管を通って外へ出た一家は、やかんにのって川をくだりますが、新しい旅には大きな危険がまちかまえていました。

4 空をとぶ小人たち
川をはさんで、心やさしいポットさんの村と、見物客めあてのプラター氏の村、2つの模型の村がありました。小人の一家は、ポットさんの家で楽しく暮らすも、プラター氏に誘拐されてしまいます。小人たちは、ゴム風船で気球をつくり、脱出を試みます。

5 小人たちの新しい家
劇的な脱出をはたした一家はふたたび川をくだり、ようやく静かな古い牧師館にたどりつきました。今度こそ、そこは一家にとって安心して暮らせるすみかになるのでしょうか。小人の冒険シリーズ最終巻。

参照元

以下、twitteの感想


 

96
-
Rates : 0