吉岡里帆「水着は嫌だった。売れる為に脱いだ」⇒嫌々やらされてたグラビア、よく見ると目が死んでる・・・

動ナビブログ ネオ http://ift.tt/2kvoPY8

吉岡里帆「水着は嫌だった。売れる為に脱いだ」⇒嫌々やらされてたグラビア、よく見ると目が死んでる・・・
「レア度」★★★☆☆

吉岡里帆が吉澤嘉代子との対談で水着時代のコトを語っています。なんでも水着は嫌だったが、売れる為にやった、当時は嫌だったが、今となってはグラビアをやっていてよかったとのこと。この感じだともう脱がないでしょうねw

【画像】 グラビアアイドル、握手会で水着がズレてしまうwwwwwwww

吉岡:あの時間もある種、文字通り切り売りの時間だったんです。だって私は水着姿なんて絶対出したくなかったし、両親からも、「本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ」という教育を受けてきたから。それを、全国区の、ワンコインで買える週刊誌で披露して、1週間後には廃棄処分されて。こんなに脱いでも、翌週には別の女の子のことを見るんだろうなと思うと、自分のその「旬すぎる時間」みたいなものがすごく辛かったです。
引用元
吉岡:でもこれを言うと、ファンでいてくれる方たちはすごく怒るんですよね。「応援している人をバカにしてる」という手紙をいただいたこともあります。でも決してバカにしているわけじゃなくて、やりたくないというのは私の偽れない本当の気持ちで、でも、そう思いながらも脱ぐことに意味があると思っていました。嫌なんだけど、自分の夢をつかむために、それをやってほしいと求めてくれる人がいる以上、その人たちに応えるのが私の生き方だということに抗えなかったんです。
吉岡:グラビア撮影用の水着って、本当に冗談じゃないくらい痛いんですよ……! スタイリストさんが素敵だって思った布でつくっていて、ゴムとかが入っていないんです。
吉岡:人は、脱いだ人を「脱いでる人が芝居している」って見るんですよ。脱がない人のことは、はじめから「この人は芝居する人なんだ」という目で見ます。その壁ってすっごく厚くて高くて、自分で自分の首を絞めるみたいな行為をしてしまったと思うこともあります。でも、時間が経って、それがよかったと言ってくれる人がいるのは、やっぱりすごく嬉しい。今となっては、グラビアは本当にやってよかったです。








13
-
Rates : 0