元JK社長・椎木里佳のツイッターが牛丼で炎上(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/29z7Tqe 元JK社長・椎木里佳のツイッターが牛丼で炎上(画像あり)

7KW1at7xHTlsQDe1465643383_1465643390


1: 2016/07/14(木) 16:47:26.192

女子大生社長・椎木里佳「美談ツイート」が炎上 「勝ち組の自己満足」「優越感に浸りたいだけ」

2016年07月13日 12時37分 J-CASTニュース

現役女子大生で実業家の椎木里佳さん(18)がツイッターに投稿した「美談」が、ネット上で思わぬバッシングを呼ぶことになった。

椎木さんのツイートは、ボロボロの服を着た男性に牛丼代を渡そうと考えたが、「ダサい感情が邪魔をしてできなかった」という後悔をつづったもの。こうした投稿に対し、ネット上では、「勝ち組の自己満足ではないか」「苦労も知らないくせに」などと、椎木さんの「華麗な経歴」を理由に反発が強まっている。

「もし私のこと知ってたらどうしよう」「女子高生社長」という肩書で話題を呼んだ椎木さんは、2016年春には慶應義塾大学に進学。中学3年生の若さで設立したマーケティング会社AMFの代表取締役社長として事業を運営するほか、ワイドショーや情報番組などメディアへの露出も多い。

そんな椎木さんが2016年7月11日深夜に投稿したツイートが、いまネット上で物議を醸している。

椎木さんは車で移動中、「牛丼屋の前でボロボロになっている服を着て、1人で立ち止まってる男性」を窓越しに見かけた。その後、この男性は「財布の中身をチェック」して、「諦めたように(中略)行ってしまった」という。

椎木さんは、「お金を握りしめて車から降りよう」と考えたという。だが結局、椎木さんは考えを実行に移すことが「できなかった」。その理由について、「バカにされてるって思われたらどうしよう。もし私のこと知ってたらどうしよう。そんなダサい感情が邪魔をしてできなかった」と後悔を交えつつ説明している。その上で、投稿の末尾には「今度は(車から)降りてみようと思う。勇気を出して声をかけてみよう」との決意もつづっていた。

「わざわざ公表することは偽善」
 
椎木さんといえば、東証1部上場企業「ディー・エル・イー」の椎木隆太代表取締役の娘で、慶應義塾の幼稚舎にも通っていたことで知られる。そのため、女子大生社長という肩書についても、「親の七光り」という批判が定期的にみられる。

こうした背景があるためか、今回の椎木さんのツイートは、ネット上で「苦労も知らないくせに」「いい人アピールですか?」などと激しい反発を呼ぶことになった。
no title
http://ift.tt/2absSA0

椎木里佳



椎木 里佳(しいき りか、1997年11月21日 – )は、日本の大学生で、実業家。高校時代より“女子高生社長”として知られ、東京都内の高等学校に在学しながら、都内に事務所を置く株式会社AMFを経営。学業のかたわら、スマートフォン向けアプリの開発や各種イベント企画プロデュースなどの事業活動を展開している。

来歴


中学校3年生当時の2013年、バレンタインデーにあたる2月14日、起業家の父の助言を受けつつ、「かわいいを社会に発信」をテーマにメディア事業や女子中高生をターゲットにした商品やブランドのプロデュース事業を行う株式会社「AMF」を設立、代表取締役社長に就任。5月にはサイバーエージェントの運営による女子中高生向け調査情報発信サイト「JCJK総研」の編集長に就任、9月発売の『週刊SPA!』(9月17・24日号)で“日本一カワイイ女子高生起業家”と紹介され、誌面で米国の投資家から「シリコンバレーから見てもとても可能性のある魅力的な起業家」との賛辞を受けるなどした。2015年には株式会社TOKYO GIRLS COLLECTION、タグピク株式会社、および株式会社メイキーの顧問に就任したほか、『サンデー・ジャポン』、『人生が変わる1分間の深イイ話』、『あさイチ』など、多数のメディア出演があった。2016年には初の自著『女子高生社長、経営を学ぶ』を発売。米経済誌『フォーブス』の姉妹誌にあたる『フォーブス・アジア』の「30歳以下の世界が注目すべき30人」の1人に選ばれた。同年には高校を卒業、慶應義塾大学へ進学している。

KJ

椎木里佳
– Wikipedia


http://ift.tt/1VYBdcQ

6: 2016/07/14(木) 16:49:06.716
貧乏人の醜い妬み



続きを読む

65
-
Rates : 0