高橋真麻の年収、カトパンの1/3だった

GOSSIP速報 http://ift.tt/2a7XHGM 高橋真麻の年収、カトパンの1/3だった

a


1: 2016/07/19(火) 01:19:52.86 

フリーになってからのあたしの3年間の稼ぎなんて、カトパンの1年分ぐらいよ。もーイヤんなっちゃう

先日、あるバラエティー番組の収録前に飛び出したビックリ発言。この言葉の主があの人だったから、テレビ局関係者はさらに驚いたという。

真麻さんが仲のいいスタッフと控室で談笑してたんですが、加藤綾子アナウンサーの稼ぎぶりと自分を比較して、冗談ながらも嫉妬しているように話してました

実は、真麻さんのCMでの1本当たりの単価は低いんです。また企業も大手ではない。約3倍の収入の差発言は、そこから生まれたのではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

とはいえ、私生活では“勝ち組”と報じられているのは真麻。今年4月に『週刊文春』に熱愛を報じられている。

お相手は、不動産会社の社長さん。彼の祖父が会社を興して、それを継いだ2代目の社長です。いわゆるエリートでお金持ち。そんな彼と1年ぐらい交際しています」(ワイドショースタッフ)

そうなればそろそろ……。

真麻ちゃんも今年で35歳。“すぐにでも彼と結婚したい”と言っていましたよ。後輩のカトパンに収入の面では負けていても、“今お付き合いしている彼と、幸せになれればいい”とも話してました。恋愛が順調にいっているからこその余裕なんでしょうね」(真麻の知人)

http://ift.tt/29WG265

高橋 真麻


高橋 真麻(たかはし まあさ、1981年10月9日)は、日本のフリーアナウンサー(アイウエオ企画所属)。元フジテレビアナウンサー。身長162cm。真っ直ぐ、麻の葉のようにすくすくと成長するように「真麻(まあさ)」と名付けられた。愛称は「マーサ」。父は俳優の高橋英樹で、一人っ子(一人娘)である。

概要


木多康昭の漫画『喧嘩商売』でギャグのネタにされたことがあるが(単行本2巻収録。このネタを巡る裏事情は、4巻の巻末に書き下ろされている)、現時点で、本人側の正式な抗議はない。2011年8月5日放送の『笑っていいとも!』において、前日8月4日発売の週刊誌『女性セブン』(小学館)での熱愛報告の記事に関して「それまでは友達だったけど、この報道がきっかけで交際に発展した」と生放送で告白した。さらに、自らの十八番である岩崎宏美の往年のヒット曲『シンデレラ・ハネムーン』を熱唱し喜びを表現した。 因みに、この曲を歌うようになったきっかけとなったのは岩崎宏美ではなく、『めちゃイケ』での藤井隆であった、と2013年7月5日放送の『ごきげんよう』出演時に藤井隆の前で告白した。
宝塚歌劇団の大ファンであり、ボイストレーニングにも通っていた。そのため、歌唱力をバラエティ番組で披露する機会も多い。歌謡曲だけでなく、本格的なソプラノも歌うことができ、2013年10月20日放送の『サンバリュ』(日本テレビ)内の「ヴォーカリスト 時空を超える歌い手たち」では、ソプラノ歌手であるサラ・ブライトマンの「Time To Say Goodbye」を歌いきっている

A

高橋 真麻- Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/07/19(火) 01:22:07.55

高橋真麻って北島三郎の娘だっけ? 

鼻がそっくりだしW

5: 2016/07/19(火) 01:24:23.29
マスク着用なら超美人


続きを読む

262
-
Rates : 0