【悲報】アイスバケツチャレンジの目的を参加した人でさえ忘れ去ったという事実(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/2a9Z2N0 【悲報】アイスバケツチャレンジの目的を参加した人でさえ忘れ去ったという事実(画像あり)

eaMSKn86WLkhZPD1468933344_1468933353

1: 2016/07/19(火) 17:53:05.70

当時
1人でも多くの人にこの難病を知ってもらいたい
少しでも役に立ちたい
募金必ずします
決して周りに流されてではなく自主的にやりたいと思ったので

現状
なんかの病気のため。病名?忘れた
冷たかったのは覚えてるけど何で氷水だったかは忘れた
とりあえずみんなやってたから
そういや募金してないわ

アイス・バケツ・チャレンジ



アイス・バケツ・チャレンジ (英: ice bucket challenge) あるいはALSアイス・バケツ・チャレンジ (英: ALS ice bucket challenge) は、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究を支援するため、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、またはアメリカALS協会(英語版)に寄付をする運動。2014年にアメリカ合衆国で始まり、Facebookなどのソーシャルメディアや、動画共有サイトのYouTubeなどを通して社会現象化し、他国にも広まっている。参加者の中には各界の著名人や政治家も含まれており、寄付金の増加やALSの認知度向上に貢献している。

起源


慈善運動のための資金調達の方法として氷水をかぶるという運動は以前より行われているが、起源については複数の説はあるもののはっきりしていない。そのひとつとして、2013年から2014年の冬の間、「コールド・ウォーター・チャレンジ」(cold water challenge) と呼ばれる運動がアメリカのソーシャルメディア上で人気となった。そこには冷たい水に飛び込むか、がん研究のための寄付をするかのどちらかを選ぶという指示が含まれていた。日本でも2014年6月までに「アイスウォーターチャレンジ」として紹介されており、ローライダー愛好者の間で広まっていた。そこでは、アメリカのローライダー・カー・クラブ (Lowrider Car Club) が発祥と紹介されていた。

140827icebucketchallenge-thumb-640x357-79147

アイス・バケツ・チャレンジ
– Wikipedia


http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/07/19(火) 17:53:30.39
エイズ

3: 2016/07/19(火) 17:53:44.11
たしかLGBTやろ

5: 2016/07/19(火) 17:54:05.76
筋ジストロフィーやろ

6: 2016/07/19(火) 17:54:13.92
マジでなんやったっけ?w



続きを読む

53
-
Rates : 0