なぜ田中将大と斎藤佑樹はここまで差がついてしまったのか(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/2aSpMD2 なぜ田中将大と斎藤佑樹はここまで差がついてしまったのか(画像あり)

OAdkxCIF1s41Sfy1471089404_1471089411

1: 2016/08/13(土) 17:27:09.79

AKBメンに例えると総選挙1位と圏外って感じか。

田中将大



田中 将大(たなか まさひろ、1988年11月1日 – )は、日本の兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(投手)。現在は、MLBのニューヨーク・ヤンキースに所属している。
2014年からはMLB移籍に伴い活動拠点を北米に移し、現地の代理人はエクセル・スポーツ・マネージメント社となっている。
連続勝利のギネス世界記録保持者。妻は、歌手でタレントの里田まい。
2016年、経済誌「フォーブス」にて30歳未満を代表する「30アンダー30」の芸能・スポーツ部門の30人に選ばれた。

人物


ファンやマスコミからの愛称である「マー君」は、日米親善高校野球の際に監督を務めた和泉実が選手同士の交流を図るため互いに名字で呼ぶことを禁止したことから、早実の斎藤佑樹と「佑ちゃん」「マー君」と呼び合っている事が本人達の口から語られたのがきっかけとなった。楽天監督だった野村克也もこの愛称を用いてインタビューに応じることが多いが、一方で愛称とはいえ選手を「君づけ」で呼ぶのは稀有なことだと述懐している[注釈 4]。
高須洋介は「マーが投げる試合は、打線がなんとかしようという雰囲気になる」と語っている。また、その勝ち運から野村に「マー君、神の子、不思議な子」「不思議の国のマー君」「今日は悪魔の子かと思ったけど、やっぱり神の子」等と評された。

TKY201309260545

田中将大 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

斎藤佑樹


斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日)は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。オーバースローから投げる平均球速約139km/h、プロでの最速147km/hのストレートとスライダー、フォークボール、ツーシーム、カットボールを軸とし、稀にチェンジアップやカーブを混ぜる投球を見せる。

概要


打球がゴロになりやすい投球で、2012年には全打球の半分以上をゴロにしている。「アマチュア時代の経験が感覚を研ぎ澄ませてくれた」と言い、ボールをリリースする直前に「打たれる」と思った瞬間、身体が反射的に反応してボール球を投げる「危険察知能力」を強みとし、2012年は得点圏での被打率が低かった。2012年には、ストレートの空振り率が2パーセントと一軍では最低レベルの数値を記録した球威不足のため、初球のストライク率が低いボール先行の投球となり、2014年まで通算与四球率3.54と制球に苦しんでいる

saitou_up

斎藤佑樹 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/08/13(土) 17:30:23.51
定型文の
慢心、環境の違い
ってのがこれほどしっくりくる例は無い気がするなぁ

4: 2016/08/13(土) 17:31:55.30
田中188センチ
斎藤176センチ

9: 2016/08/13(土) 17:55:26.87

>>4

桑田と清原くらいの差か



続きを読む

119
-
Rates : 0