【悲報】元ボクシング世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリが死去

GOSSIP速報 http://ift.tt/1Y7wMxR 【悲報】元ボクシング世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリが死去
9iWfkyYIGwi_2571465018045_1465018050

1: 2016/06/04(土) 13:33:18.26

プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリ氏が3日、アメリカ西部・アリゾナ州の病院で亡くなりました。74歳でした。

アリ氏は、世界チャンピオンとして通算19回の防衛を果たすとともに、人種差別の撤廃を訴えました。引退後は、難病のパーキンソン病を患い、闘病を続けていました。
Muhammad_Ali_1966-710x434
120728_ari

http://ift.tt/22E7Zlt

モハメド・アリ



モハメド・アリ(Muhammad Ali、1942年1月17日 – 2016年6月3日)は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。元世界ヘビー級チャンピオン。アフリカ系アメリカ人だが、イングランドとアイルランドの血も引く。ケンタッキー州ルイビル出身。
イスラム教改宗前の本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア(Cassius Marcellus Clay, Jr.)。1964年にネーション・オブ・イスラムへの加入を機に、リングネームをカシアス・クレイからモハメド・アリに改めた。

ボクシングスタイル


蝶のように舞い、蜂のように刺す (Float like a butterfly, sting like a bee)
鈍重な大男の力任せな殴り合いだったヘビー級ボクシングに、アリは蝶のように華麗なフットワークと、蜂のように鋭い左ジャブを活用するアウトボクシングを持ち込んだ。この著名なフレーズは、アリのトレーナーのドゥルー・バンディーニ・ブラウンによるもので、試合前によく肩を組んで「蝶のように舞い、蜂のように刺す!」と一緒に叫ぶパフォーマンスを見せていた。ノートン戦の敗北後に、ノートンのファンから「蝶は羽を失い、蜂は針を失った」という投書が届き、これを気に入ったアリはジムの壁にこれをテープで貼りつけて毎日眺め、「羽」と「針」を取り戻す決意を新たにしていた。

ヘビー級史上最速の一人

リングを縦横無尽に動き回れる体のこなしだけでなく、ジャブに右ストレートでカウンターを合わせる離れ業をやってのけるパンチのスピードも持っていた。マイク・タイソンが出現した現代においてもなお、ヘビー級史上最速と評価された。

wZT_WFfSpI

モハメド・アリ – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

189: 2016/06/04(土) 13:58:03.99

>>1

お悔やみ申し上げます

3: 2016/06/04(土) 13:34:12.00
そんなんアリかあ!!

12: 2016/06/04(土) 13:35:15.33
対戦相手の耳噛んだらアカンやろ

59: 2016/06/04(土) 13:41:43.21

>>12

それタイソン。
1101051

13: 2016/06/04(土) 13:35:19.89
なし



続きを読む

46
-
Rates : 0