ポケモンをパクった韓国の『パワーモン』が酷すぎてワロタ(画像・動画あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/1U2aDhu ポケモンをパクった韓国の『パワーモン』が酷すぎてワロタ(画像・動画あり)

TT1J0_ql5zThIhv1465097951_1465097957

1: 2016/06/05(日) 11:53:57.82

ポケモンのパクリゲーが韓国で販売されており、それを入手。その名前は『PowerMon(パワーモン)』という
タイトルでWindows用ゲームとなっている。

パッケージをパッと見るとポケモンそのものだが、よく見るとロゴは「POKEMON」ではなく「PowerMon」に
なっているがわかるだろう。中央にはピカチュウに似ているキャラクター、というよりそのままのキャラが描かれておりニャースやヒトカゲなども確認出来る。しかしピカチュウをよく見ると尻尾の形が違うのと耳毛が生えているのがかわる。つまり本家のピカチュウと違うと主張したいのだろう。

ゲームのスクリーンショットも掲載されており、どうやらアクションゲームのようだ。パッケージの下には1と2が一緒になっていると書かれている。どうやら『PowerMon』は2作出ており、その2作が1本になったパッケージのようだ。

対応OSはWindows95/98/2000/ME/XPと書かれている。検証マシンはWindows10だがこのパソコンで動作させてみることにする。

■ゲームを遊んでみる 

ゲームを開始すると、案の定アクションゲームっぽいのが開始。キーボードで操作するとピカチュウらしい主人公が動きだし、ジャンプや弾を出すことが可能。画面上には敵のようなモンスターがおりダメージを与えると人のうめき声を出し死亡する。何故モンスターが人のうめき声出すのか? 

またピカチュウの武器は10万ボルトではなく、パチンコ玉のような謎の玉。上には体力メーターと気力メーターが 
あり体力はダメージを食らうと減り、気力は空を飛ぶのに使うらしい。空を飛ぶピカチュウ……。とにかく敵を倒しながら延々と右に進んで行くゲームなのだが、いかんせん動作がノロイ。ガクガクしているというか、作りが粗いというかとてもまともに遊べるレベルではない。 

また道中には見えない壁があるほか、ジャンプ中に何回でもジャンプ出来る不具合まで存在。気力を使ってまで空を飛ぶ意味って……。 

こちら『PowerMon』は9500ウォンなので約1000円となる。今は入手できるのか不明だが昔は韓国の地下鉄で普通に売られていたもの。当然、本家の『ポケモン』や任天堂とは一切無関係。 

もう一本の作品を遊んで見るも内容はほぼ同じだった。ピカチュウの武器が野球ボールになったくらいだろうか……。また実行ファイルが「PowerMonsterPlus setup.exe」となっているにも関わらずそのままゲームが実行されてしまう。何をセットアップなのか不明である。これ以上のことはここでは割愛させていただく。 

これは流石に子どもが間違って買っても泣くレベルだろう。韓国でもポケモンは人気があり、間違って買ってしまったものなら……。 

ゲームの動画は下記より見ることが出来るぞ。当然、本家の『ポケモン』や任天堂とは一切無関係。 

no title
no title
no title
no title

動画

http://ift.tt/22G8H1p

ポケットモンスター



ポケットモンスター(POCKET MONSTERS)は、株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称であると同時に同作品に登場する架空の生物の総称であり、それらを題材にしたアニメを始めとするメディアミックス作品群を指す。略称はポケモン(Pokémon)。「モンスターボールに入るとポケットに入るから、ポケモン」という愛称が付けられている。

内容


『ポケットモンスター』シリーズは、「ポケットモンスター(以下「ポケモン」)」という不思議な生き物が生息する現実(現代)に似た世界において、ポケモンを自らのパートナーとして「ポケモン同士のバトル」を行う「ポケモントレーナー(通称「トレーナー」)」たちの冒険を描くロールプレイングゲーム(RPG)である。
主人公(プレイヤー)は、ポケモントレーナーとなり世界を旅することになる。ゲーム内に存在する他のポケモントレーナーとの対戦を多数交え、ジムバッジを集めることでポケモンリーグの出場条件を得て、ポケモントレーナーの頂点を目指す。また、多くのポケモンを捕まえることでポケモン図鑑の完成を目指すなどの目的がある。片田舎に暮らす主人公が各地を旅して、ライバルとの対決、さまざまな街での人々との出会い、ポケモンとの出会いと育成などのストーリーは、少年、少女時代の思い出に近いなど大人でも楽しめる深いものである。ストーリーの終盤には、作品のカギを握る伝説のポケモンが登場する。伝説のポケモンとして格付けされるのは、たいてい高い能力を持ったポケモンであり、バトルで伝説のポケモンを主力として対戦するポケモンプレイヤーも多い。この伝説のポケモンを捕まえるのも、ストーリーの目的の1つである。さらに友達と対戦やポケモンの交換をできる通信機能がある。

key_pkxyz02

ポケットモンスター – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

3: 2016/06/05(日) 11:54:48.81
こっちみんな

4: 2016/06/05(日) 11:54:52.03
これは中国以上のパクリだわ

5: 2016/06/05(日) 11:55:30.83
これは主張していいよ



続きを読む

60
-
Rates : 0