【女子テニス】大坂なおみ(18)最速201キロの弾丸サーブでシード選手を撃破!(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/2bQLBFI 【女子テニス】大坂なおみ(18)最速201キロの弾丸サーブでシード選手を撃破!(画像あり)


a

1: 2016/08/31(水) 14:47:48.19 

女子シングルス1回戦で、世界ランキング81位で18歳の大坂なおみが、シード選手を破って大会初出場初勝利を挙げた。同30位で第28シードのココ・バンダウェイ(24=米国)に6―7、6―3、6―4で逆転勝ち。勝負どころでは最速201キロの弾丸サーブを叩き込み、両者合わせてサービスエース21本の“乱打戦”を制した。2回戦では予選上がりの段瑩瑩(ダン・インイン)(27=中国)と対戦する。

大舞台で大事な局面になるほど力を発揮する。瀬戸際に追い込まれて大坂のスイッチが入った。3―3で迎えた第3セットの第7ゲーム。0―40の大ピンチで、得意のビッグサーブが爆発した。

相手のリターンミスで15―40とした後、次のサーブは大坂本人だけでなく、この日の女子全選手で最速となる時速201キロ。30―40として続けざまに2本連続となるサービスエースを叩き込むと「カモーンッ!」と雄叫びを上げた。ここをしのいで第10ゲームのブレークにつなげた。
 
▽女子最速サーブ 現在の世界最速記録は、14年バンクオブザウエスト・クラシックでザビーネ・リシキ(ドイツ)がマークした210・8キロとされる。さらにビーナス、セリーナのウィリアムズ姉妹(米国)が、それぞれ07年全米オープン、13年全豪オープンで207キロ台を叩き出したことがある。だが、女子で200キロ台を記録する選手は世界的にも少ない。
 
http://ift.tt/2bHQH3B

no title  

大坂 なおみ


大坂 なおみ(おおさか なおみ、女性、1997年10月16日 – )は、日本のプロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス82位。身長180cm、体重69kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

概要


実父はハイチ出身、実母は日本人というハーフ[1]で、姉の大坂まりもプロテニス選手である。1997年に大阪府大阪市で生まれ、4歳時に一家でアメリカに移住し、実父の手ほどきでテニス競技を始める。語学力に関しては、日本語よりも英語の方が流暢。大阪市内に住んでいた頃は、練習場は近所の靱公園にあるテニスコートであったという。

a

大坂 なおみ – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/08/31(水) 14:48:20.30

どこが大坂?

4: 2016/08/31(水) 14:48:40.40
日焼けサロン行き過ぎ 


続きを読む

186
-
Rates : 0