西田敏行局長(68)激やせに車いす姿をスクープされる(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/1Y55NTm 西田敏行局長(68)激やせに車いす姿をスクープされる(画像あり)


TtCSbyZXHgB4wsD1465277538_1465277546

1: 2016/06/07(火) 14:02:57.56

東京郊外にある大学病院。その敷地内を車椅子に座る男性の姿があった。西田敏行(68)だ。黒のニット帽をかぶり、首にはコルセットが。 左手には杖を持っている。さらに目を引いたのは驚くほどの“激やせ”ぶりだった――。

no title

http://ift.tt/1tdNyzV

西田敏行



西田 敏行(にしだ としゆき、1947年11月4日 – )は、日本の俳優、歌手、タレント、司会者。
福島県郡山市出身。オフィスコバック所属。明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退。身長166cm、体重80kg超。主演の映画『釣りバカ日誌』は1988年(昭和63年)から2009年(平成21年)まで22作続いた代表作。日本俳優連合理事長。日本アカデミー賞組織委員会副会長。4歳年下の夫人との間に2女あり。

来歴・人物


5歳の時に父が亡くなり、同じ郡山市内に住む母方の伯母夫婦に引き取られた。
少年時代は映画好きの養父に連れられ映画館へ通い、チャンバラ映画に熱中。観る側より映画のスクリーンに映る自分の姿をぼんやり夢想していた。中学校に入り、演劇に興味を持つが、演劇部は女性部員ばかりで、当時、男子生徒の部活動といえば、スポーツが一般的だった風潮もあり、悶々とした3年間を過ごす。映画で「東京弁」に触れるうち、「俺このままずっとこの多感な時期こっちで暮らしていると、福島弁が染みついちゃって、もしかしたら標準語をしゃべれなくなっちゃうんじゃないか」との危機感を感じ始め、演劇が好きでも福島弁でしか演じられない現状に自問し、標準語を習得したいと思い始め、両親を説得の上、中学卒業と共に上京。
高校に進学するとバレーボール部に入部。たまたま男子部員が居なくて困っていた演劇部の女子部員から、男役として部に協力してほしい、と請われ、顧問のような形で演劇部に参加する。
1966年(昭和41年)、明治大学入学と同時に日本演技アカデミー夜間部に入る。同年大学を中退して夜間部から昼間部に移り、翌年に卒業。仲間と劇団『シアター67』を結成するが失敗。ちょうどその頃、1967年(昭和42年)に『渥美清の泣いてたまるか』(TBS)でテレビ俳優としてデビューしている。

hqdefault

西田敏行 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

6: 2016/06/07(火) 14:06:04.06
顔色がヤバイ 

3: 2016/06/07(火) 14:03:53.62
あかんやつや


続きを読む

61
-
Rates : 0