荒木飛呂彦の描いた女性がキモすぎワロタ(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/2deTeTp 荒木飛呂彦の描いた女性がキモすぎワロタ(画像あり)


a

1: 2016/09/20(火) 16:25:06.22 

人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズで知られる漫画家・荒木飛呂彦氏が、10月から岩手県で開催される「希望郷いわて国体(第71回国民体育大会)」と「希望郷いわて大会(第16回全国障害者スポーツ大会)」を記念し、岩手県の復興と振興を誓うシンボルとなる『いわて人間賛歌』のイラストを執筆した。

イラストは、岩手を象徴する豊かな自然や誇りある歴史文化で彩ったゲートが開き、若き女性が疾走する姿をダイナミックに描写。中央に掲げられたメッセージは「広げよう 感動。伝えよう 感謝」。荒木氏らしさを感じさせながら、希望にあふれる明るい未来を目指す岩手の思いが伝わってくる。

「希望郷いわて国体」が開幕する10月1日から、「希望郷いわて大会」が閉幕する同24日まで、県内各地に大型のポスターやメッセージボードが設置予定。岩手県の目指す社会のあり方を象徴的に表現したイラストであるため、大会後もさまざまな情報発信の場で掲示するなど、長期的に活用される。

no title
荒木飛呂彦氏が執筆した『いわて人間賛歌』イラスト (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS

http://ift.tt/2cSaxbi
2016-09-20 15:44

荒木 飛呂彦


荒木 飛呂彦(あらき ひろひこ、1960年6月7日 – )は、日本の漫画家。宮城県仙台市若林区出身。東北学院榴ヶ岡高等学校卒、宮城教育大学中退、仙台デザイン専門学校卒。身長169.5cm、体重(2007年現在)61kg、血液型はB型。既婚者で二女の父。本名は利之

概要


1980年(昭和55年)、「武装ポーカー」でデビュー(荒木 利之(あらき としゆき)名義)。代表作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)1987年1・2号から連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険』。同作品は複数の部に分かれ、主人公や舞台を変えながら20年以上に渡って連載され続けており、シリーズ総計116巻(2016年3月現在)、発行部数は9000万部(2014年9月時点)。その作風は「王道を行きながら実験的」と評されている

A

荒木 飛呂彦 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

8: 2016/09/20(火) 16:27:35.39

荒木はどうして美人が描けないんだろう?

9: 2016/09/20(火) 16:28:00.70
強そう

11: 2016/09/20(火) 16:29:12.82
なんでたらこ唇なんだ


続きを読む

120
-
Rates : 0