石原慎太郎「男はいじめっ子に育てよ。男は世に出た戦場で、絶対に勝たなくてはならぬ。」

GOSSIP速報 http://ift.tt/1PgIoHq 石原慎太郎「男はいじめっ子に育てよ。男は世に出た戦場で、絶対に勝たなくてはならぬ。」


A

1: 2016/06/08(水) 03:52:41.31 

34.いじめっ子に育てよ
人生はしょせん戦いである。そして、その戦いはどんなに幼くても、子どもの時代から始まっている。ならば、子どもといえども、その戦いに勝たなくてはならぬ。子どもの世界に、いじめっ子といじめられっ子があるならば、わが子を遠い将来、人生に勝ちをおさめる一人前以上の人間に仕立てるためには、まずいじめっ子になれと教えるべきである。

わたしは自分の好みとしても、自分の子どもがだれかにいじめられるよりは、だれかをいじめるほうを好む。そしてまた同時に、いじめっ子である自分の座が、ある場合、自分より強い相手によって、容易にくつがえされうることを教え、自戒させている。男は世に出た戦場で、絶対に勝たなくてはならぬ。そのための有形無形の準備を、子どものときから築いていくことが、どうしてまちがいであろうか。

http://ift.tt/1weDAJV

石原慎太郎


石原 慎太郎(いしはら しんたろう、旧字体:石原 愼太郎、1932年 (昭和7年) 9月30日 )は、日本の政治家、作家。参議院議員(1期)、環境庁長官(第8代)、運輸大臣(第59代)、東京都知事(第14代・第15代・第

概要


兵庫県神戸市生まれ。湘南高等学校、一橋大学法学部卒業。
一橋大学では社会心理学の南博ゼミに所属。大学在学中の1956年(昭和31年) に文壇デビュー作である『太陽の季節』が第34回芥川賞を受賞、「太陽族」が生まれる契機となる。また、同作品の映画化では弟・裕次郎をデビューさせた。作家としては他に芸術選奨文部大臣賞、平林たい子文学賞などを受賞。『「NO」と言える日本 -新日米関係の方策-』(盛田昭夫との共著)、裕次郎を題材にした『弟』はミリオンセラーとなった

300x

石原 慎太郎 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/06/08(水) 03:55:20.42

女の子だったら便器に育てよ

154: 2016/06/08(水) 07:15:15.02
>>2 
2でこれとは


続きを読む

286
-
Rates : 0