アグネス・チャン「私を叩くのは孤独で寂しい人々。匿名なら大丈夫だと勘違いしてウソを書く」

GOSSIP速報 http://ift.tt/1OcSOgz アグネス・チャン「私を叩くのは孤独で寂しい人々。匿名なら大丈夫だと勘違いしてウソを書く」


a

1: 2016/06/08(水) 13:22:12.33

ネットの炎上騒動について著名人の意見を聞く、「目くじら社会―なぜたたくのか」という特集記事が、2016年6月4日の東京新聞に掲載された。この記事に登場する一人が、歌手のアグネス・チャン氏である。
no title
(略)
アグネスは中国のスパイ」、「ユニセフ(国連児童基金)の活動で子どもたちから搾取している」などと嘘を書かれてきたという。
no title
彼らは匿名の世界に守られていると勘違いしている。ネットには人間の悪い部分を拡大するマイナス作用があり、彼らはそれにより仲間をつくっている。だから私をたたいてフォロワーが増えれば自分は人気者だ、みんな同じ気持ちなんだと思えて、所属感みたいなものが得られる。結局、彼らは孤独で、どこか寂しいんだと思います」。
no title
現代の日本社会は、「人に迷惑を掛けるな」という価値観の強い影響により、「みんながおびえながら生活している感じ。それは、迷惑を掛ける人への攻撃を正当化する理由にもなっている」。

精神科医の岩波明氏は、炎上騒動の背景を分析している。「その心理は、やはり現実世界での不満足感や嫉妬の裏返しというケースが多いと考えられます。ネットでバッシングをする側は、その時、絶対的な権力者になれる。

人を裁く快感の味を知ってしまうと、正義派を装いつつも、バッシングすること自体が目的化してしまう」。
「ここ数年、日本社会では不寛容な人、他人を好んで非難する人が顕著に増えたと思います」、「今の日本は平均からはみ出さない人畜無害で面白みのない人物しか表に出られなくなりつつある」と述べている。

no title

記事全文とそのほかの画像一覧 http://ift.tt/1Zwj6eb

アグネス・チャン


アグネス・チャン(本名:陳美齡、英語:Agnes Miling Kaneko Chan、広東語:チャン・メイリン、北京語:チェン・メイリン、日本名:金子 陳 美齢(かねこ チャンメイリン)、1955年8月20日 – )は、香港の歌手、エッセイスト。カトリック教徒で、「アグネス」は洗礼名である

概要


1972年、代表曲の一つである「ひなげしの花」で、日本での歌手デビューを果たす。高く澄んだ歌声と愛くるしいルックス、たどたどしいが一生懸命日本語で歌う姿が受けて、一躍人気アイドルとなった。日本ではその後も「草原の輝き」、「小さな恋の物語」、「星に願いを」、「ポケットいっぱいの秘密」、「愛の迷い子」、「恋人たちの午後」「白いくつ下は似合わない」、香港における「The Circle Game」「香港香港」、「雨中のカーネション」などヒット曲は多く、台湾やアメリカ合衆国などでも音楽活動を行っている。歌手としての活躍のほか、1998年には初代日本ユニセフ協会大使に就任するなど、ボランティアやチャリティーなどを通じた社会奉仕や貧困や平和についての発言でも知られている。近年ではピンクリボン運動への参加や、大学の客員教授やニュージーランドの高校の学園長などとしての教育活動も行っている。

a

アグネス・チャン – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/06/08(水) 13:22:45.87

効いてる効いてる

3: 2016/06/08(水) 13:24:16.17
残念! 
俺は孤独で寂しい人だけど、まだアグネスを叩いていなかった……

6: 2016/06/08(水) 13:25:11.23
>>3 
お おう…


続きを読む

62
-
Rates : 0