アントニオ猪木議員が舛添都知事に「9月までやらせて下さいと腹切る覚悟で言え」

芸能人の気になる噂 http://ift.tt/1rdJ5LN

1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2016/06/08(水) 15:24:51.59

スポーツ報知 6月8日 14時33分配信

アントニオ猪木参院議員(73)が8日、東京・永田町の参院議員会館に若者30人を集め、「選挙に迷わず行けよ。行けばわかるさ。バカヤロー」と熱く呼びかけた。

7月10日に予定されている参院選では選挙権年齢が18歳に引き下げられるが、若者の関心は今ひとつ。
そこで「今回、240万人が選挙権を得るのに、うち20~30パーセントしか興味がないという調査もある。

とにかく行けよと波紋を起こしたい」と“燃える闘魂”が立ち上がった。

この日、今回の呼びかけのパートナーとなる人型ロボット・Pepper(ペッパー)とともに呼びかけに応じた18~21歳の大学生の前に赤いマフラーを巻いて登場した猪木氏は「とにかく投票に行ってみろ。

夢を持って行動を起こしてみろよ」と熱く語った。

また、公私混同疑惑の渦中にいる舛添要一都知事についても「男を張って生きてもらいたい。後は身の処し方。
頭下げているだけじゃしょうがない。堂々と(五輪の終わる)9月までやらせて下さいと腹切る覚悟で言えば、流れが変わるのでは」とアドバイス。
盟友・モマメド・アリさんの10日に行われる葬儀参列については「レンタカーやホテルの手配はしたんだけど、俺が行ってスポット浴びる必要はない。
いつか墓参りに行きますよ」と寂しそうに話した。

猪木氏は今後、若者に投票を呼びかけるキャンペーンを12日の北海道・礼文島からスタートさせる。

無題

http://ift.tt/1OdRB8B

続きを読む

81
-
Rates : 0