北米試写会での『シン・ゴジラ』の評価がそれなりに絶賛される(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/2dxu5Ut 北米試写会での『シン・ゴジラ』の評価がそれなりに絶賛される(画像あり)

QnxuLPk5UHHtCRd1475663399_1475663407

1: 2016/10/05(水) 18:26:19.18 ID:wAoEv5cv0

シン・ゴジラが北米プレミア上映。

64df1d95f46fdf4233b84d063b70d71e
http://ift.tt/2d5xWXe

“Shin Godzilla was brilliant. A fast-moving satire on Japan’s Bureaucracy and post-war politics/infrastructure. Like Contagion or Zodiac, but a kaiju movie.”
「シンゴジラは見事だ。日本の官僚への流れるような風刺と、戦後の政治とインフラ。まるで『コンテイジョン』や『ゾディアック』のようだが、これは怪獣映画だ。」
“Shin Godzilla is light on action, but it packs a punch. Mostly though it’s a political satire. Super weird but good.”
「シンゴジラはアクションに欠けるが、パンチが効いている。全体を通して政治的風刺だ。とても奇妙だが、しかし良い。」
“Shin Godzilla is talky, but delivers. Giant monster devastation plays out amid modern day political power plays.”
「シンゴジラは話が長いが、しかし説得性はある。巨大生物災害が、現代の政治的駆け引きの中に繰り出される。」
“Shin Godzilla fucking rules you guys. holy shit. the pace of it is so fast it’s almost dizzying but its rhythm works so well.”
「シンゴジラはお前らをファッキン夢中にさせるぜ。ホーリーシット。めまいがするほどハイペースだが、実に良いリズムを刻んでる。」
“Serious destruction amidst serious discussion – bolstered by original musical themes, Gojira roars.”
「ガチな災害が真面目な議論の真っ最中に進む。オリジナルのゴジラテーマと、ゴジラの唸り声がそれに拍車をかける。」
“So much destruction! Go-jira!!! Shin Godzilla. Go for the monster, stay for the monster!”
「大破壊!ゴジラ!シン・ゴジラ。モンスターを求め、楽しむべし。」
“Wow. I loved Shin Godzilla. It’s not a movie I can recommend wholesale but it was amazing.”
「ワオ。シンゴジラ良かったよ。全員に勧められる映画じゃないけど、すごかった。」

3: 2016/10/05(水) 18:26:54.21 ID:wAoEv5cv0
つづき
“Sociopolitical overtones & oddly calm documentary sensibilities fuel this Kaiju tale. Big G is the real star.”
「社会的・政治的な含蓄と、奇妙なほど落ち着いたドキュメンタリーがこの怪獣の物語に燃料を注いでいる。”ビッグ・G”はマジモンのスターだ。」
“Loved seeing this on the big screen, awesome spectacle.”
「これを大きなスクリーンで見れたのは良かった。最高のショーだ。」
“Reboot of classic series. Japanese bureaucracy scrambles to defeat monster. G is scary; destruction is epic.”
「クラシックな原作の再始動。日本の官僚機構が怪獣を倒すため這いまわる。”G”は恐ろしく、破壊は最高。」
“Shin Godzilla going full Evangelion worked for me.”
「完全にエヴァなシンゴジラは、俺には良かった。」
“Very different from the other films, refreshingly so.”
「清々しいほど、他と一線を画する映画である。」
“Basically the bureaucratic buck-passing we saw in Eye in the Sky, the suspense replaced with a goofy monster.”
「基本的に『アイ・イン・ザ・スカイ』のような官僚的な責任転嫁で、サスペンスが間抜けな怪獣に置き換えられただけ。」
“Beautiful and amazing.”
「ビューティフル、アメイジング。」
“Rides this weird line of having to stay relevant post both Fukushima and Hollywood Godzilla.
It’s kind of bonkers! It’s a really silly, mile-a-minute satire for the most part, but at one point it completely drops the artifice and becomes deathly serious.”
「(シンゴジラは)フクシマとハリウッドゴジラの両方と繋がる奇妙な軌道に乗っている。なんだか気が狂っているようだ。大部分がバカげた風刺だけども、死んだように深刻な映画になるよう工夫を凝らしている。」
“Shin Godzilla is probably the most procedural Godzilla film ever.”
「シンゴジラはおそらくこれまでで最も”手続き的な”映画だろう。」

4: 2016/10/05(水) 18:27:28.23 ID:wAoEv5cv0
つづき
“I kinda enjoyed the Japanese politics for the first 30 minutes or so. But maybe Japanese Godzilla movies just aren’t for me.”
「僕はなんとなく日本の政治を最初の30分くらいは面白く見ていた。でも、日本のゴジラ映画は僕向きじゃないかもね。」
“To be fair, I’m not the world’s biggest Godzilla fan, holy shit was Shin Godzilla a tedious watch for me.”
「まず、私は世界一のゴジラファンではないよ。やれやれシンゴジラは退屈な映画だったね。」
“My favorite movie about bureaucracy since Brazil. A+”
「『未来世紀ブラジル』以来の最高の官僚映画。Aプラス。」
“Heads up – Shin Godzilla is fucking phenomenal.”
「お前ら、シンゴジラはファッキンすげえよ。」
“Smart, satirical, thrilling, a mega-scale Japanese monster flick with an unconventional focus. Bravo.”
「従来とは一線を画す焦点の、知的で、風刺的で、スリリングで、超ド級の日本の怪物映画。ブラボー。」
“Come for the laser breath, stay for the bureaucracy jokes. Very much a Godzilla movie, even in its flaws.”
「レーザーブレスを見に来い、官僚ジョークを楽しめ。欠点を含めてまったくもって”ゴジラ”映画だ。」
“Great fun. The only thing that takes a bigger beating than Tokyo is Japan’s gridlocked bureaucracy.”
「めちゃオモロ。東京にもましてコテンパンにされた唯一のものは、日本の停滞した官僚機構だ。」
“An often talky treatise on Japanese law & politics. When the mayhem begins, it’s glorious. Shin Godzilla > Godzilla 2014.”
「日本の法と政治に関する冗長な論文。それは騒動が起きた時、輝きを見せる。シンゴジラ>ハリウッドゴジラ2014。」
“Giant monster movie that condemns war & critiques the political system. Was this made for me?”
「戦争を非難し、政治システムを批判する怪獣映画。まるで私のために作られたようだ。」

6: 2016/10/05(水) 18:28:01.49 ID:wAoEv5cv0
“What a massive disappointment. I was so excited for it, and it’s a dry political procedural with 15 mins of Godzilla coolness.”
「とにかく失望した。めちゃ期待してたのに、蓋を開ければドライな政治的手続きにたった15分のカッコいいゴジラシーンだよ。」
“Shin Godzilla is not at all what I expected. It’s like a pseudo documentary look into the Japanese government and solving a massive disaster.”
「シンゴジラは全くもって俺が期待していたものじゃなかった。まるで日本政府と巨大災害の似非ドキュメンタリーのようだ。」
“1970s-style disaster movie. 90% politics & 10% monster, but the non-monster stuff is good.”
「70年代スタイルの災害映画。9割の政治と1割の怪獣だが、怪獣以外の要素も良い。」
“Hilarious showcase of endless Japanese bureaucracy with occasional scenes of Gojira laser-blasting Toyko.”
「終わりのない日本の官僚シーンと、たまに来るゴジラの東京でのレーザー放射シーンを合わせた滑稽な見世物。」
“I can’t tell if Shin Godzilla is a good movie, but I definitely enjoyed watching it.”
「シンゴジラが良い映画なのかは分からないが、私にとっては絶対的に楽しかった。」
“Shin Godzilla is too weird to ignore. Only Japan could have made it.”
「シンゴジラは無視できないほど奇妙だ。日本だけがこれを作れた。」
“The Aaron Sorkin of Godzilla movies.”
「ゴジラ映画のアーロン・ソーキン(米の脚本家)」
“Going to divide Godzilla fans like no film before it but as someone ready for something new in the series I enjoyed it.”
「ゴジラファンを今までになく分断するだろう。しかし、新しいもの好きとして、私はシンゴジラを楽しんだよ。」
“Shin Godzilla is fun! Sags a bit in the middle but the action / mayhem bits are great.”
「シンゴジラは面白い!ちょっと中だるみがあるけどアクションと混乱シーンは偉大。」

シン・ゴジラ



『シン・ゴジラ』は、2016年(平成28年)7月29日公開の日本映画。総監督・脚本は庵野秀明、監督・特技監督は樋口真嗣、主演は長谷川博己。東宝製作のゴジラシリーズの第29作であり、『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本製作のゴジラ映画である。

製作


2014年公開の『GODZILLA ゴジラ』の世界的な大ヒットを受け、日本製ゴジラの製作が決定した[1]。総監督・脚本には庵野秀明、監督・特技監督には樋口真嗣がそれぞれ起用された。当初、庵野はオファーを固辞していたが、東宝の誠意と樋口の説得を受けて「一度きりの挑戦」として承諾した[2]。

ce363448449c62b9c4b5bceaaf909f58

シン・ゴジラ
– Wikipedia


http://ift.tt/1VYBdcQ

9: 2016/10/05(水) 18:28:27.80
クライマックスにかけて盛り下がるのはマイナス点やろな

10: 2016/10/05(水) 18:28:30.40
すげえええええ

5: 2016/10/05(水) 18:27:57.37
それなりに絶賛ってなんか違和感あるな

11: 2016/10/05(水) 18:28:44.65 ID:wAoEv5cv0

>>5

それなりに絶賛としか表現しようがないこの感じ



続きを読む

159
-
Rates : 0