【巨人】鈴木尚広が引退「生半可な気持ちでは続けられない」

GOSSIP速報 http://ift.tt/2dYs0TQ
【巨人】鈴木尚広が引退「生半可な気持ちでは続けられない」

lajW2byFmCDA2X91476307520_1476307533

1: 2016/10/13(木) 04:45:06.33

巨人・鈴木尚広外野手(38)が、今季限りでの現役引退を決意したことが12日、分かった。数多くのけがに泣かされながら
トレーニングを重ね、通算228盗塁で、盗塁成功率が200盗塁以上の選手で歴代トップに立つなど、球界屈指の走塁のスペシャリストに成長。プロ20年目を終えて大きな決断を下したが、スポーツ報知に悩み抜いた胸の内を独占激白した。

今年1年、自分の引き際を考えるようになった。もちろん、試合が始まれば頭にはないけど、それ以外では引退の2文字が頭に出てくるようになった。そういう気持ちではプロとしてはダメだと思った

結果的には、10日のDeNAとのCS第1S(東京D)の第3戦、同点の9回無死一塁で代走で出場し、けん制死したのが最後のプレーとなった。「このプレーで、というのはないし、いつ決断した、というわけではない。技術、体力は衰えているとは思わないけど、心の部分で引っかかるようになった。続けるのは簡単だった。辞める、という決断が一番、難しかった

9月には通算盗塁成功率が8割2分9厘0毛となり、広瀬叔功(南海)の8割2分8厘9毛を抜き、200盗塁以上の選手で歴代1位に立つなど、今季も失敗なしの10盗塁。12年連続2ケタ盗塁と衰え知らずだが、自分の気持ちにうそはつけなかった。
僕が任せられているポジションは、責任のあるものだった。試合の行方を左右する展開で使ってもらっているのに、少しでも辞める時期を考えているようでは務まらないし、失礼になる。監督やみんなに信頼してもらっているからこそ、生半可な気持ちでは続けられない

僕を見いだしてくれて、獲得してくれて。まさか20年も続けられるとは思わなかった。スカウトの方々、歴代の監督、コーチ、選手、そして球団の方々。感謝しても、しきれない。そして、グラウンドに立つと大歓声をくれた巨人ファンのみなさんには、力をいっぱいもらいました

ファンから「神の足」とたたえられたあの走塁はもう、見られない。球史に残る名ランナーが、そっとスパイクを脱ぐ。

no title

http://ift.tt/2dl6R4Y

鈴木 尚広


鈴木 尚広(すずき たかひろ、1978年4月27日 – )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。福島県相馬市出身。愛称は「タカ」。
代走での通算盗塁数の日本記録を保持しており、所属チーム関係者などからは「走塁のスペシャリスト」などと言われる

人物


5歳頃から野球を始める。野球のセンスは人並だったが小学生の時から足は速かったという。中学では陸上部に所属し主に中距離を走る。この頃毎日30km近く走ったことで足腰が鍛えられた。相馬高校では野球部に入り遊撃手や控え投手を務めるが、甲子園進出はなく目立った活躍もなかった。1996年のドラフトで読売ジャイアンツから4位指名を受けて入団。1999年 – 2000年の秋季キャンプでは原辰徳ヘッドコーチにベースランニング13秒3の快足を認められ、「一番の成長株」との評価を得た。

(画像)

鈴木 尚広
– Wikipedia


http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/10/13(木) 04:45:26.32

タナケンに引導を渡されてしまったか

3: 2016/10/13(木) 04:46:34.88
たかが代走屋なのにナルシスすぎ

4: 2016/10/13(木) 04:47:16.95
広島なら年俸2000万円の選手

6: 2016/10/13(木) 04:49:20.83
自由契約までいれたろうに 
そこはプライドか


続きを読む

59
-
Rates : 0