石原慎太郎「豊洲の事は聞いてない!記憶にない!覚えてない!」

GOSSIP速報 http://ift.tt/2dSDg5V 石原慎太郎「豊洲の事は聞いてない!記憶にない!覚えてない!」


a

1: 2016/10/14(金) 16:36:26.68

東京都の小池百合子知事が14日、都庁で定例会見を行い、石原慎太郎元都知事(84)から、豊洲市場問題に関する質問状に対する回答が同日に届いたことを明らかにした。

石原氏の回答について、小池氏は「中身はまだ精査していないが、中身をざっくり話すと具体的な回答はなかった『自分は聞いてない』『細かいことは事務方に任せていた』『記憶にない』『覚えてない』との内容」と“ゼロ回答”だったことに残念な表情を浮かべた。

さらに「都合が悪いことを私どもにお伝えいただかないと明確な答えに繋がっていかないのではないかと思います」と納得がいかない様子。石原氏に対して「これまで作家生活や都知事を続けたご功績を無になさらないようにしていただきたい」と皮肉を込めた。

再三の要請に対して、誠意の感じられない回答をした石原氏。小池氏は怒りをかみ殺すように「一度は先方から『会いたい』と申し出があったわけですから、質問で思い出されたこともあることもあるかと思いますので、聞かなければならないことをまたご依頼することになるかと思う」と今後もヒアリングを諦めない姿勢を示した。

豊洲市場の盛り土問題について、これまで小池氏は、築地市場移転計画当時の都知事だった石原氏に対して聞き取り調査を要求していたが、石原氏はこれを拒否し質問状の送付を要請。小池氏は7日付で「どこまで問題について知っていたか」などといった内容の質問状を送付していた。

スポーツ報知 10月14日(金)16時21分配信
http://ift.tt/2eeMPrA

石原慎太郎


石原 慎太郎(いしはら しんたろう、旧字体:石原 愼太郎、1932年 (昭和7年) 9月30日 )は、日本の政治家、作家。参議院議員(1期)、環境庁長官(第8代)、運輸大臣(第59代)、東京都知事(第14代・第15代・第

概要


兵庫県神戸市生まれ。湘南高等学校、一橋大学法学部卒業。
一橋大学では社会心理学の南博ゼミに所属。大学在学中の1956年(昭和31年) に文壇デビュー作である『太陽の季節』が第34回芥川賞を受賞、「太陽族」が生まれる契機となる。また、同作品の映画化では弟・裕次郎をデビューさせた。作家としては他に芸術選奨文部大臣賞、平林たい子文学賞などを受賞。『「NO」と言える日本 -新日米関係の方策-』(盛田昭夫との共著)、裕次郎を題材にした『弟』はミリオンセラーとなった

300x

石原 慎太郎 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/10/14(金) 16:38:29.51

予想通り

3: 2016/10/14(金) 16:38:51.60
ワシャ~痴呆じゃ!情けないぞ閣下

9: 2016/10/14(金) 16:40:13.31
>>3 
昔からそういう男だったじゃん(´・ω・`)


続きを読む

130
-
Rates : 0