ビートたけしが共演NGと語る人物(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/2dX2EYo ビートたけしが共演NGと語る人物(画像あり)


morHhxLfcMxfk_L1476582442_1476582448

1: 2016/10/16(日) 08:33:01.88

たけしの逆鱗に触れた菅野美穂の行動

2002年に公開された北野武映画『Dolls』で主演を務めた菅野。この映画の撮影中、こんなことがあったらしい。 菅野のシーンにOKを出した監督のたけし。にもかかわらず、菅野は自分の演技に納得がいかなかったため、再撮影を何度も希望した……。 この菅野の行動がたけしの逆鱗に触れ、それ以来共演NGになったのだとか。

「絶対に許さない」ビートたけしの信念

一見すると、菅野の主張も一理あるかに思えるが、たけしの映画監督としての持論はそれを許さない。ある記者会見でたけしは次のように語ったこともある。 「たまに『監督、ここはこう撮るべきじゃないですか』って言ってくる奴がいるんだけれど、そいつ大嫌いで2度と使わない。 (以下略)監督に気に入られるように演技をするのが役者であって、監督の演出方法に言うのは絶対に許さない

結果的にお互いのプロとしての信念が仇となり、共演NGとなったたけしと菅野。裏を返せば、それだけ二人が作品作りに妥協を許さないということだろう。

http://ift.tt/1USAnOC
no title

ビートたけし


ビートたけし(1947年1月18日)は、日本のコメディアン、タレント、司会者、映画監督、俳優。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が高い。

概要


自称は「俺」「僕」「オイラ」。それぞれ場の雰囲気に合わせ使い分けている。「オイラ」は下町・職人言葉の位置づけで、自身が育った島根町が職人街だったことと関連するとしている。かつて足立区の広報誌から受けたインタビューでは、「足立は東京の下町だね。その足立の下町が島根だというの。島根は下町の中の下町。足立の中の足立だって思うんだよね」とコメントした。

A

ビートたけし – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

6: 2016/10/16(日) 08:38:45.44
心の底からガキなんだなビートたけし

10: 2016/10/16(日) 08:43:05.41
自身が映画やドラマで客演するときも同じなら良いけどね。

19: 2016/10/16(日) 08:51:24.32
>>10 
そう言ってる

22: 2016/10/16(日) 08:52:56.45
>>10 
役者で出る時は監督の指示のままだそうだ

75: 2016/10/16(日) 09:21:48.00
>>10 
たけしも言ってる通り、世界的な常識として俳優は監督のコマなんだよ 
映画は監督が絶対権力者としてすべてをコントロールすべき芸術 
たけしは大島渚からそれを学び、またそれは世界中の名匠とされる映画監督に共通する認識

12: 2016/10/16(日) 08:43:41.64
あー コレな 

出演する者は 「長く残るものだから」 って自分の見栄えを気にし過ぎてしまって、
いつの間にか監督の領分を侵害してるんだよね 

優しい監督さんだと、受け入れちゃうみたいだけどさ


続きを読む

196
-
Rates : 0