【速報】蓮舫氏に議員資格喪失の危機!

GOSSIP速報 http://ift.tt/2dCnOb8 【速報】蓮舫氏に議員資格喪失の危機!


a

1: 2016/10/20(木) 18:19:56.86 

法相が「国籍法違反」と見解 蓮舫氏に議員資格喪失の危機

民進党の蓮舫代表(48)がまたピンチか─―。台湾との二重国籍問題に関し、蓮舫氏は先週末、「行政指導があったので今月7日、戸籍法104条にのっとって日本国籍の選択宣言をしました」と明らかにした。その際、「法定代理人を含めてやりとりし、法務省から(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書で頂いた」とも強調していた。

ところが、である。18日、金田勝年法相は閣議後の記者会見で“一般論”と前置きしながらこう言ったのだ。

法律の定める期限後に届け出を行った場合、それまでの間は国籍法に違反していたことになる

国籍法は、未成年の時に二重国籍だった人は22歳までに国籍を選択するよう義務付けているが、蓮舫氏が手続きを完了したのは今月に入ってから。つまり、7月の参院選時は国籍法違反だったということになってしまう。

この法相見解は今後、国会で大問題になる可能性がある。蓮舫氏の「議員の資格」まで問われることになりかねない。

国会議員の資格は憲法44条で「法律でこれを定める」とされ、公職選挙法で「日本国民が被選挙権を持つ」と定められている。問題は、国籍法に違反していたことが、この資格要件に抵触しているかどうか、であるが、
「二重国籍とはいえ日本国籍を有していたから『是』」とする考えと、「国籍法に違反していたから『否』」とする考えで、解釈の分かれるところだ。

憲法55条で争われる可能性

で、そういう時のために「憲法55条 議員の資格争訟」がある。〈両議院は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判する。但し、議員の議席を失はせるには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする〉
というもので、蓮舫氏のケースでは、参議院が審理・判断することになるのだ。

つまり、自公や維新などが実際に争訟に持ち込み、採決で3分の2の可決となったら、蓮舫氏は議員資格を剥奪されてしまう恐れがあるのである。

(略)

さて、蓮舫氏に議員資格があるのか、ないのか。永田町では「ゴタゴタ揉める前に、衆院2補選で敗北したら、先手を打って議員辞職したら」なんて冷ややかな声も聞こえてくる。

http://ift.tt/2env8Xt

蓮舫


蓮舫(れんほう、Lien-Fang、本名村田 蓮舫(むらた れんほう)、1967年(昭和42年)11月28日 – )は、日本の政治家、マルチタレント。民進党所属の参議院議員(3期)。民進党代表代行。夫はフリージャーナリストの村田信之。 祖母は、戦時中、日本軍に戦闘機を2機寄贈し、戦後は黒い霧事件で自由民主党との贈収賄や不正融資が疑われ第052回国会農林水産委員会議事録に名の残る台湾人政商であり、駐日華僑の中心人物、陳杏村。台湾の政治家陳唐山とは遠戚

概要


内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全、行政刷新担当、「新しい公共」担当、少子化対策担当、男女共同参画担当)公務員改革担当大臣、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員会委員長、民主党代表代行を歴任。NPO法人ひまわりの会顧問、日本マザーズ協会特別顧問。

a

蓮舫- Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/10/20(木) 18:20:28.34

まあこれは当然だろう

3: 2016/10/20(木) 18:21:39.50
往生際悪すぎだろこいつ

4: 2016/10/20(木) 18:21:41.32
議論するまでもなく経歴詐称


続きを読む

264
-
Rates : 0