「君の名は。」新海誠監督の嫁(39)、エロすぎ!乳首さらしてクンニ悶絶、バックピストンwwwwww

動ナビブログ ネオ http://ift.tt/2eY3dA9

「君の名は。」新海誠監督の嫁(39)、エロすぎ!乳首さらしてクンニ悶絶、バックピストンwwwwww
「レア度」★★★☆☆

「君の名は。」新海誠監督の嫁が女優の三坂知絵子だと判明!女優の三坂知絵子は、「JOHNEN 定の愛」で乳首さらしてのSM、クンニ&セックスシーンも見せています。舞台「花と蛇」でもおっぱい見せています。嫁さんが君の縄・・・

<過去ネタ>
アニメ映画『君の名は。』ヒロインの乳揺れシーンにもこだわっていた模様wwwwww

「君の名は。」新海誠監督の嫁・三坂知絵子の画像


三坂知絵子「JOHNEN 定の愛」で乳首丸だし濡れ場セックス画像















名無しさん
新海誠監督(43)のアニメーション映画「君の名は。」が驚異的なヒットを記録している。
実は、新海監督の妻は映画や舞台などで活躍する女優の三坂知絵子(39)だということがわかった。

三坂は77年、下関生まれ。地元の下関西高を卒業後、早大進学。
高校時代から演劇部で活動しており、2000年には北村龍平監督の長編デビュー作「Versus」でヒロイン役に抜擢。
その後は東大大学院でも学んだ才女で、映画、ドラマ、舞台と幅広く活動している。

三坂といえば語り草になっている作品がある。07年に初めて舞台化されたSM文学の最高傑作「花と蛇」(団鬼六原作)で主人公の遠山静子を熱演したのだ。
舞台の演出を手掛けた劇団「月蝕歌劇団」代表の高取英氏は当時をこう振り返る。

「団さんの『花と蛇』を舞台化するにあたって静子役のオーディションをやったけど、ピンとくる女優がいなかったんです。
そしたら団さんと私が飲んでいる席にたまたま彼女が来ていて“私じゃダメですか?”と。
『花と蛇』は緊縛シーンやヌードもある作品です。それでも“縛っても大丈夫です”というので団さんが気に入って“君が静子をやりなさい”と即決。
本番では本多劇場でヌードになって縄で緊縛された上で4メートルほど吊り上げられもしました。文字通り体当たりで挑んだ演技。素晴らしい作品になり団さんも非常に喜んでいましたね」

名無しさん
新海監督は脚本が出来上がると最初に妻である三坂に見せるそうで、女性誌のインタビュー(「女性自身」9月27日号)ではこんなことを語っている。

「妻の反応はすごく気になるんです。『ここは、感情がむき出しになりすぎて、よくわからなかった』なんていう感想が返ってきて。(中略)妻には『まずは褒めてくれ!』ということはお願いしてあります(笑)」

「毎回、最初に妻に見せて自信をつけるというのはありますね。いちばん近くにいてくれる存在ですが『面白いと思うよ』とか、そういう言葉が欲しいだけなんです。いつも、僕の作品のファンでいてくれると思います」

ポスト宮崎駿の呼び声も高い新海監督。歴史的名作誕生の裏には最高のファンである美人妻の献身と叱咤激励があった。

 

121
-
Rates : 0