【HKT48】山下エミリーのつらい過去告白に指原莉乃が「悲しすぎる」と涙(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/1to0S4V 【HKT48】山下エミリーのつらい過去告白に指原莉乃が「悲しすぎる」と涙
Q0gWGUnlAe9I0P71465610777_1465610783

1: 2016/06/10(金) 22:26:44.38

アイドルグループ・HKT48の山下エミリーが、9日深夜に放送されたTBS系バラエティ番組『HKT48のおでかけ!』(毎週木曜25:28~25:58)で、中学時代にいじめられた過去を告白。指原莉乃が「悲しすぎる」と涙した。

今回、山下エミリーや荒巻美咲ら3期生メンバー5人が、AKB48選抜総選挙への思いなど本音トークを展開。その中で山下が「みんながいてくれるから今、自分は…昔はあんな根暗だったのに、こうやって明るくなったんだなって思うとみんなに本当に感謝してる」と同期への思いを語ると、同期メンバ―も、VTRを見守っていた指原も「変わった」と口をそろえた。

また、「今までで一番悩んだことは?」という話になると、山下は「中学生のときは、日本とフィリピンのハーフというのでいじめられた」と心の闇を初告白。「嫌だった。それでアイドルになったけど、14歳で入ってきたからまだ言われ続ける時期だった」と振り返り、「自分がハーフだからファンがつかないのかなとか、1回ママにも『どうして私はハーフで生まれてきたのか』って」と打ち明けた。

「今はあまり気にしてない」という山下は、「自分が選んだ道だからやり通さないといけないし、居場所はここ(HKT)しかない」という強い決意も告白。山下のつらい過去に、指原は「悲しすぎる」と涙し、「知らないことっていっぱいあるんだなと思いました」としみじみ語った。

『HKT48のおでかけ!』山下エミリー
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no titleno title

HKT48山下エミリー 
no title 
http://ift.tt/22ZVC39

指原莉乃



指原 莉乃(さしはら りの、1992年11月21日 – )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループHKT48チームHのメンバーである。また、尾崎充とともにHKT48劇場支配人を務める。AKB48の元メンバー。 大分県大分市出身。太田プロダクション所属。

人物


小学校1年の頃に『ASAYAN』でモーニング娘。を知り好きになったことをきっかけに、女性アイドルにのめり込む。憧れの存在はモーニング娘。であり、中でも亀井絵里の大ファンであった。「お気に入りのメンバーがやめた後、興味が薄れてしまって」「1回離れた」ため、しばらく「私が知ってたメンバーって、道重さんしかいない状態になっちゃった」が、それにより「むしろ1周回って、新しくなりすぎて、また興味がわいてきた」という。また保田圭を目標の人物としている。ほかにハロープロジェクトのメンバーとしてBerryz工房の熊井友理奈と℃-uteの萩原舞を推しメンとして挙げている。
トロンボーンを演奏することができる。トロンボーンは中学校の吹奏楽部で初めて習い、中学2年の夏に吹奏楽の県大会にトロンボーン班として参加して金賞を貰ったり、顧問からは一人一人の技術の向上と仲間意識の大切さを特に強く教わったという。
2010年当時、『ラブプラス』という恋愛シミュレーションゲームにはまっていた。
「おでん好きアイドル」や「カップめんアイドル」として雑誌で取上げられたことがある。
母親が大分トリニータが大好きだったため、小学生の頃は毎回ホームゲームを見に行っていた。トリニータのレプリカユニフォームをレッスン着として着用していることもある。ちなみに自らのニックネームに掛けて背番号は34番。
英語が得意な一方で数学は大の苦手。
2010年当時、レッスン帰りに上下スウェットで外を歩くことがあった。
趣味はヘッドフォン、イヤホン集め。
好きな男性のタイプはインパルスの板倉俊之であると公言している。

maxresdefault

指原莉乃 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

山下エミリー



山下 エミリー(やました エミリー、1998年12月19日 – )は、HKT48チームTIIのキャプテン。福岡県出身。AKS所属。

人物


ギターが得意なハーフ美少女。
HKT48全国ツアー~全国統一終わっとらんけん~・横浜アリーナ公演では、ギターソロを披露した。
母親はフィリピンの出身。
変顔が得意、絵も上手。
劇場支配人尾崎充による紹介。「HKT2人目のハーフ、射手座14歳。持って生まれた手足の長さ、舞台映えは間違いなし。普段から、とてもおとなしい性格を秘めたる思いで倍返し」。
同じく劇場支配人尾崎充のコメント「スタイルがよく、パフォーマンスが魅力的です。成長が楽しみなメンバーのひとりです。」「人見知りを克服し、持ち前の明るさが出るようになりました。今やムードメーカー的な存在に成長しました」
1期生の植木南央によると「フレンドリーに話せる雰囲気を出していて、楽屋のムードメーカー」
3期生の中で、自分のキャラは?の問いに「裏のバラエティーキャラ!?」と答えている。
2015年で達成してみたい目標は「人に憧れられる存在になって、選抜に入りたいです。飛躍できるようにがんばります!」。

16de392e-s

山下エミリー- 48pedia

https://48pedia.org/

553: 2016/06/11(土) 03:01:03.17

>>1

うおおフィリピンって感じの鼻だ
こんなかわいい子がいたのか

6: 2016/06/10(金) 22:30:17.00
かわいいやん

8: 2016/06/10(金) 22:30:38.74
アジア系ハーフは難しい



続きを読む

70
-
Rates : 0