市川海老蔵と三遊亭円楽の男を上げた会見対応が素晴らしい(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/1U6m232 市川海老蔵と三遊亭円楽の男を上げた会見対応が素晴らしい(画像あり)

PJfxUIxdsuOV2Oe1465640381_1465640386

1: 2016/06/11(土) 17:11:19.39 

日刊スポーツ 6月11日(土)15時17分配信

歌舞伎俳優市川海老蔵(38)と落語家三遊亭円楽(66)がそれぞれ記者会見を行ったが、ともに男を上げた、見事な会見だった。

海老蔵は妻小林麻央(33)が乳がんだったことの公表、円楽は40代女性との不倫についての釈明と、会見の内容こそ、まったく違ったものだが、リポーターや記者の質問に丁寧に向き合い、ウソ、偽りのない真摯(しんし)な対応ぶりに、見た人の好感度も上がったことだろう。

その中で、特に素晴らしいと思ったところがあった。あるテレビリポーターが海老蔵に「発覚から1年8カ月、長い期間だったと思いますが、どんな日々だったのか教えてください」と聞くと、海老蔵はすかさず、「長かったとおっしゃいますけど、これからもまだ続くわけですから」と答えた。麻央の闘病は続いており、現時点で1年8カ月を振り返ることはあまりに無神経な質問に思えた。しかし、海老蔵は少し言葉をのみ込む間こそあったが、冷静に対応した。

また、円楽も妻はもちろん、相手女性への気遣いも見せつつ、不倫を暴露した写真誌「フライデー」の取材記者にも神対応をみせた。直撃取材を受けて、記者の車に乗り込んだ時を振り返って、「汚い車だったよ」と笑いを誘う一方、会見場で当の記者の姿を見つけると、「あの記事に感謝してます。ありがとう」と感謝の言葉を口にした。暴露されたことに憤るのではなく、感謝さえする姿は、会見場に集まった報道陣をも味方に付けた瞬間だった。【林尚之】

http://ift.tt/1UIiyAB

市川 海老蔵


十一代目 市川 海老蔵(じゅういちだいめ いちかわ えびぞう、1977年12月6日 – )は、歌舞伎役者、俳優。歌舞伎名跡「市川海老蔵」の当代。屋号は成田屋。

人物


愛称に「海老さま」がある。 妻はフリーニュースキャスターでタレントの小林麻央。身長176cm、体重80kg。血液型はAB型。星座は射手座。
古典の大役に挑み、初役を多くつとめ、高い評価を得ている。「海老さま」と人気のあった十一代目市川團十郎に重ね合わすファンもいる。現代の歌舞伎を担う若手スターの一人。また、NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』で主役をつとめたほか、現代劇にも挑戦している。

201207102127D6d2FmoOAwdE80go5ptt6amqc4jBaCiNJv

市川 海老蔵
– Wikipedia


http://ift.tt/1VYBdcQ

三遊亭 円楽


6代目 三遊亭 円楽(ろくだいめ さんゆうてい えんらく、本名:會 泰通(あい やすみち)、1950年2月8日 – )は、東京都墨田区出身の落語家。円楽一門会所属(マネジメントはオフィスまめかな)。2010年3月1日、初名の三遊亭楽太郎(さんゆうていらくたろう)から師匠の名跡である6代目三遊亭圓楽を襲名。しかし、「落語界では旧字体の<圓>の字をよく使うが、常用漢字の<円>で通す」と表明しており「三遊亭円楽」を名乗るという。

概要


2008年8月、師匠・5代目三遊亭圓楽から、楽太郎が還暦を迎える2010年2月に三遊亭圓楽を6代目として襲名をすることが明らかとなった(当時は、60歳を迎えるのが2010年の2月で、真打昇進したのが1981年の春3月であったため、その頃を目処にという表現をしていた)。楽太郎は「圓楽の名跡は師匠(5代目三遊亭圓楽)が大きくしたもの。5代目・6代目はよかったねといわれるよう精進したい」と語った。

1ab566c8

三遊亭 円楽 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/06/11(土) 17:11:43.19
ベッキー(笑)

5: 2016/06/11(土) 17:14:08.74
不倫会見に笑い声は要らない

6: 2016/06/11(土) 17:14:15.67
円楽は別に上がってないよ



続きを読む

136
-
Rates : 0