GACKT、嫌いだった中村獅童が「大好き」になった衝撃理由

芸能人の気になる噂 http://ift.tt/2e68NjL
1: ひろし ★@\(^o^)/ 2016/11/02(水) 23:59:09.25 ID:CAP_USER9

 歌手・GACKTが、2日放送のフジテレビ系「TOKIOカケル」(水曜、午後11・00)に出演。かつて嫌いだった歌舞伎俳優・中村獅童のことを「獅童君、天才!大好き」になった理由を明かした。

 これまで最も泣いたドラマ・映画を聞かれたGACKTは、獅童主演の映画「いま、会いにゆきます」(04年)だったことを告白。

 当時は、友人から3回観て3回泣いたと聞かされていたが「僕、獅童君のことが嫌いで」「だから嫌いなんで見に行かないじゃないですか」とさらりと言い放った。

 さらに当時、同映画の主題歌、ORANGE RANGEの「花」がチャート1位で、自身の楽曲が2位だったことにも「僕、どうしても納得がいかなかった」と回顧した。

 しかし、後に仕事の移動中に車の中で「いま、会いにゆきます」を観ることになったというGACKT。「もう涙止まらなくて、ボロボロ泣いた」と言い、目的地に到着して外からスタッフがドアを開けようとすると「開けんな!」とブチ切れたほどだったとか。

 映画を観ながら、獅童と竹内結子の出会うシーンを見て「そりゃ、結婚するわ!!」。エンディングで流れた主題歌の「花」を聞いて「そりゃ、売れるわ!!」と突っ込んだことを明かして笑わせた。

 ちなみに、当初、獅童が嫌いだった理由は「以前に会って、獅童君ってぶっ飛んで『イエーィ』って感じで、イラッとした」からだったそうだが「映画の獅童君の演技を見た時に、僕の知ってる獅童君ではなく、一気にひっくり返って、この人天才!獅童君、大好き!になりました」と明かしていた。

http://ift.tt/2e2cebm

images510R6HED

続きを読む

194
-
Rates : 0