能年玲奈のささやかな幸せは「ポテトチップとチョコレートを食べるとき」 [無断転載禁止]©2ch.net

GOSSIP速報 http://ift.tt/2fM6z7p 能年玲奈のささやかな幸せは「ポテトチップとチョコレートを食べるとき」

80FtL1zuqHGFvmH1478935453_1478935473

1: 2016/11/12(土) 14:26:00.80

女優・のん(能年玲奈=23)が12日、声優を務めたアニメ映画 「この世界の片隅に」(片渕須直監督)の初日舞台あいさつに出席した。

昭和20年(1945年)、太平洋戦争中の広島・呉を舞台に、 大切なものを失いながら前を向いて暮らす女性の姿を描く。

のんは「私は生活する才能がなくて、毎日ご飯を食べられなかったり、お洗濯とかも…。 でも、この映画に出会って、ご飯を作ったり、お洗濯の楽しさが分かってきて、 生活するのが楽しくなりました」と独特な表現で振り返った。

ささやかな幸せを聞かれると「ポテトチップスとチョコレートを食べるとき。 今、制限しているので、チョコ1個食べるときが幸せです」と話したが、 片渕監督から「チョコレート食べちゃ駄目っていって、キャラメルをバリバリ食べてた」 と突っ込まれると「キャラメルは制限してないので」と苦笑いしていた。

ソース
http://ift.tt/2flCGvW
「この世界の片隅に」初日あいさつに出席した(左から)コトリンゴ、のん、片渕須直監督
no title

のん


能年 玲奈(のうねん れな、1993年7月13日 – )は、日本の女優、ファッションモデル。
2016年7月より芸名をのんに変更して活動することを表明

概要


「あまちゃん」ヒロイン合格発表はオーディションの最終審査としてNHKに呼ばれ、合格通知の入った封筒を渡されるというサプライズだった。しかし能年は封筒に入った紙に書かれた『ヒロインは能年さんに決定しました。』という文字を最終審査の台本だと勘違いし、声にだして読むも気づかずスタッフから「もう一度読んでください。」と言われ、何度も読んでしまった。最終的にはプロデューサーから「能年さんに決定しましたよ。」と言われ、そこで初めて気づいた。
演技指導として薬師丸ひろ子の映像を見るように指示され、能年は薬師丸の出演作品をほぼ視聴している。『あまちゃん』オーディションの際、「憧れのアイドル」欄に薬師丸の名前を記載。当時はキャストは誰一人公開されていなかったが、偶然にも本作で薬師丸演じる「大女優・鈴鹿ひろ美」に憧れ、芸能界に飛び込み付き人になる役として共演を果たした

A

のん – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/11/12(土) 14:26:42.99
泣いた

4: 2016/11/12(土) 14:30:07.94
稼いだ金はどこかに搾り取られてるのかな

5: 2016/11/12(土) 14:30:10.81
肥えた人は戦中に合わないからな ヶラヶラ

8: 2016/11/12(土) 14:34:19.93
うん、すごくバカな子だね

43: 2016/11/12(土) 15:03:04.40
>>8 
お前とお前の知り合いの誰もよりもマシ

スポンサーリンク


続きを読む

369
-
Rates : 0