古舘伊知郎がカトパンを『フルボッコ』にしてて草(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/2gbyRM6 古舘伊知郎がカトパンを『フルボッコ』にしてて草(画像あり)


a

1: 2016/11/15(火) 14:03:12.84 

11月6日に放送されたバラエティ番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に、局アナからフリーアナウンサーに転向し成功した加藤綾子、古舘伊知郎、宮根誠司の3名が出演し、トークを展開。見慣れない豪華司会者の共演ということもあり、興味深いトークが聞かれたが、中でも印象的だったのが、古舘が加藤をこれでもかというぐらいに集中攻撃していた場面だった。

カトパンと呼ばれていることが嫌だった」と加藤がぶっちゃけ告白すると、古舘が即座に反応。「嫌だったってのは僕は信じられない。だって、そんなの嫌がる人がなんでこんな活躍して、タレント気取りでCM出てるんですか?」という鋭いツッコミを飛ばすなど、カトパンをタジタジに。さらに古舘が、「カトパンとか、滝川クリステルさんとかは美しいから」と褒めると、加藤は「いや、全然!」と謙遜。しかし、これにも古舘が「あ、今の嫌。全然っていうリアクションもちょっとムッとしましたよ」と指摘。そして「心からリアクションしてないもん。当然ってのも若干入ったでしょ、今!?」と、これでもかというぐらいに追い込んでいた。

美しいと褒められて『そうですね』と答えるわけにはいきませんから、加藤の古舘への返しはしかたありませんが、女性視聴者には全てが媚びているように見えてしまうんですね」(女性誌記者)

支持層のほとんどが男性のカトパンだけに、番組を観た女性たちからは、「さんざんカトパンで得をしといて嫌だったとかナメてる」「古舘さんも好きじゃないけど、よくぞ言ってくれました」「そんなに美人?」など、妬みと本音が混ざったコメントが投げ込まれた。

アンチからすれば、古舘の発言に胸がすく思いだったかもしれない
default_6120b8b6d2ec9fdefbf3351fd14f65c3

http://ift.tt/2fUB2jx
2016.11.15 10:15 アサジョ

古舘 伊知郎


古舘 伊知郎(ふるたち いちろう、1954年(昭和29年)12月7日)は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者、ニュースキャスター。

概要


いずれも立教大学の先輩である徳光和夫(元日本テレビアナウンサー)やみのもんた(元文化放送アナウンサー)に憧れてアナウンサーになった。アナウンサー希望で就職活動を始めた頃にNHKの就職試験を受けたことがある。 1984年2月11日、前年の引退からの復帰を宣言していた初代タイガーマスクが興したタイガージムのジム開きパーティに、「年来の友情」から、アナウンサーの立場を離れた「個人の資格」で参加し、司会を務めた。ザ・タイガーへの改名や、山崎一夫の新日本プロレス離脱&インストラクター就任などがその場で発表されたのだが、古舘の出席はテレビ朝日でも新日本も問題視しなかった。これは、テレビ朝日退社が既に公然の事実だったのと、「古舘は新日本および猪木に対して不利益なことはしないだろう」という信頼感による部分が大きかった。

A

古舘 伊知郎 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

加藤 綾子


加藤 綾子(かとう あやこ、1985年4月23日)は、フジテレビ所属の女性アナウンサー。埼玉県三郷市出身。家族は、両親と2歳上の兄

がいる。
国立音楽大学附属高等学校、国立音楽大学音楽学部音楽教育学科・幼児教育専修卒業。
幼少からピアノを習い、17年間ピアノ、声楽、三味線などを習得している。大学では音楽教育学科に所属し、リトミックゼミで小さい子供に音楽を体感してもらうなどし

て、音楽の先生を目指していた。そのため、中学・高校の教員免許(音楽)を持っている。

概要


大学在学中、卒業後にテレビ局へ就職してアナウンサーになることを目指し、就職活動の一環としてTBSアナウンススクールに通った。

採用試験では、NHKが書類選考で落ちたものの、最終的に日本テレビ、TBS、フジテレビの民放キー局3社から内定を得て、2008年4月1日にフジテレビに入社した。

A

加藤 綾子 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

6: 2016/11/15(火) 14:05:35.25

女性視聴者wwww

7: 2016/11/15(火) 14:05:56.76
マスパンはヨゴレになって生きのこってるな

8: 2016/11/15(火) 14:06:55.99
フルタチは女を下げ落とすことに関しては天賦の才があるからな 
今にしっぺ返しを食らうと思うぞ

9: 2016/11/15(火) 14:07:08.07
いつまでたってもカトパンとやらの顔を覚えられない

スポンサーリンク


続きを読む

339
-
Rates : 0