山田涼介主演『鋼の錬金術師』の映像がただのコスプレ祭りで草

GOSSIP速報 http://ift.tt/2ggtpHx 山田涼介主演『鋼の錬金術師』の映像がただのコスプレ祭りで草


a

1: 2016/11/16(水) 14:53:45.40 

21の国と地域で累計7000万部以上の発行部数を記録する荒川弘の同名マンガを、「ピンポン」で知られる曽利文彦が実写映画化した本作。幼い頃に母親を亡くした兄エドワードと弟アルフォンスの波乱に満ちた冒険を描く。

エドワードを山田が演じ、そのほかのキャストには本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子、本郷奏多、蓮佛美沙子、佐藤隆太、夏菜、大泉洋、小日向文世らが名を連ねる。

特報には、エドワードやフルCGで制作されたアルフォンスの姿が。 さらに錬金術によって生み出された何かがエドワードに襲いかかる場面も映し出される。

「鋼の錬金術師」は2017年冬に全国でロードショー

時は来た
a

http://ift.tt/1OJFlau

鋼の錬金術師


『鋼の錬金術師』(はがねのれんきんじゅつし)は、荒川弘による日本の漫画作品。また、それを原作とした派生作品。『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス[1])にて、2001年8月号から2010年7月号まで連載された。全108話。同年10月号には番外編が掲載された。略称は、『ハガレン』等。

概要


錬金術が存在する架空の世界を舞台としたファンタジー漫画(作品の帯などでは「ダーク・ファンタジー」であるとされる)。物語の世界は、19世紀の産業革命期のヨーロッパをモチーフにしている。ダーク・ファンタジーがテーマとなる漫画作品であるにも関わらず、世界観などの雰囲気が暗くなりすぎないイベントシーンなどに評価が高く、月刊漫画としては、コミックスが6000万部以上を売り上げるという圧倒的且つ驚異的な数字を記録するなど、エニックスお家騒動による主要作品を次々と失って低迷をしていた月刊少年ガンガンの売上・発行部数にも貢献した。連載終了後も、月刊少年ガンガンの発行部数が大幅に急落するなど、反響が大きかった作品ともいえる。

a

鋼の錬金術師 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

2: 2016/11/16(水) 14:54:08.84

豪華なコスプレ撮影会

3: 2016/11/16(水) 14:55:28.01
日本人ばっかりじゃねーか。 
鋼の陰陽師にでもしとけよ

4: 2016/11/16(水) 14:55:38.77
時は来た 

それだけだ

スポンサーリンク


続きを読む

105
-
Rates : 0