山里亮太とオリラジ・中田敦彦のバトルがまた勃発(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/2fga9oz 山里亮太とオリラジ・中田敦彦のバトルがまた勃発(画像あり)

D5XbmbpjfaBa4Ro1479296404_1479296411

1: 2016/11/16(水) 19:40:55.72

13日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(フジテレビ系)にお笑いコンビ南海キャンディーズの山里亮太(39)が出演し、オリエンタルラジオの中田敦彦(34)を批判する場面があった。

番組では中田が『PERFECT HUMAN』で『NHK紅白歌合戦』へ出演を熱望してることを紹介。田が『ペンパイナッポーアッポーペン』が大ヒット中のピコ太郎についてブログで「ピコ太郎さんとはバチバチに争って紅白をいただきたい」と勝手にライバル視していることに言及した。ダウンタウンの松本人志(53)はそれを受け「芸人やったら、裏の『笑ってはいけない!』に出ろや!」とツッコミを入れ、山里も「芸人の熾烈な争いというのはそっちですからね」と同調。

番組終了間際、MCの東野幸治(48)が山里に「紅白でオリラジのあっちゃんが『PERFECT HUMAN』でなんかピコ太郎さんとバチバチしてるっていうことにどう思いますか。やっぱり同世代やから聞かなあかんなって思ってたんですよ」と質問。山里は「いや……」と苦笑いを浮かべながら「思うところありますよ、そりゃ。あの人はすごい“策略家”だから、もう戦略……紅白まで見てたんでしょうけども、そこで急にピコ太郎さんが出てきて。で、なんでその紅白狙ってたっていうのが分かるかというと、『PERFECT HUMAN』はパロディがダメなんですよね。真似したりとかしちゃいけないんですよ。もうご本人の意向で、それはできないんですよ」と暴露。

さらに「で、真似されると飽きるスピードが早くなって、紅白の頃には飽きられてしまうっていうのが全部計算できてるんです、作戦で」と続けると、松本も「へえ……」と興味津々で聞き入っていた。

山里は「じゃあちょっと待って、と。そういうふうに誰かが真似してしまうと飽きられるというルールをちゃんと分かってるあなたが、なぜ8.6秒バズーカーの真似をあんなにしてたのかな、と思うところがあった」と鋭く指摘。しかし、その後、東野を見ながら「という話を東野さん、お酒の席で言ったやつです」と実はオフレコトークだったことを困り顔でバラし、スタジオ内は爆笑。最後に苦笑しながら「意見としては、みんな紅白に出れたらいいですね」と締めていた。

山里は今年6月にラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)にほろ酔い状態で電話出演したとき、中田を“お酒と関係なく普通に嫌い”とぶった斬り、この言葉に続けて“今、鼻につきません?”と語りました。同じ事務所の先輩として、いろいろ思うところがあるのでしょう。この二人のバトルは業界でも注目されています」(芸能誌記者)――
そのうち、テレビで一触即発もあるかもしれない。今後の二人の動向に要注目だ。

no title
http://ift.tt/2fUR7Fn
2016.11.16 16:00 日刊大衆

山里亮太



山里 亮太(やまさと りょうた、1977年4月14日 – )は、日本のお笑いタレント、ナレーター、ラジオパーソナリティ。お笑いコンビ南海キャンディーズのツッコミ担当。愛称および別名義は「山ちゃん(やまちゃん)」、過去の別名義は「山里(やまさと)」(「来歴」節も参照)。千葉県千葉市花見川区出身。相方は、“しずちゃん”こと山崎静代。関西大学文学部教育学科卒業。専攻は心理学、学位(文学士)(関西大学)。身長178cm、体重80kg。血液型AB型。

人物


baseよしもとに所属していた同期のネゴシックスや中山功太やとろサーモンの久保田、ダイアンの津田、先輩では千鳥の大悟と大変仲が良い。特に先輩である大悟にはとてもよく可愛がられていてこのメンバーと共に「大悟組」に所属している。また、ネゴシックス、オオカミ少年の片岡、R藤本といったメンバーの「山里軍団」も存在しており、テレビ東京『ゴッドタン』やTBSラジオ『山里亮太の不毛な議論』等の番組に出演している。
2013年上期のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の熱烈なファンである。本人曰く「朝ドラは今まで観たことがなかったが、『あまちゃん』は最初から観た」とのこと。独自で同作の続編プランも持っている。
M-1グランプリ2004年大会で審査員のラサール石井から「ひとつもはずさない」と評された。オードリー若林正恭は山里の受け身からのツッコミを「マウントをとらせて下から関節を決める」と比喩している。アイドルが好きであり、アイドルと番組で共演し、公私混同をするために芸人になった。

20160107yamazato

山里亮太
– Wikipedia


http://ift.tt/1VYBdcQ

中田敦彦


中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 – )は、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当。相方は藤森慎吾。

概要


1982年(昭和57年)、大阪府高槻市で生まれる。弟はポップダンスチームBLACK D.O.G.SのFISHBOY。1992年4月、大阪から山口県山口市に移り、同市の小学校に転入。1995年4月、東京学芸大学附属小金井中学校に進学。中学校では茶道部に在籍。東京学芸大学附属高等学校を経て、2001年4月に慶應義塾大学経済学部入学。高校生の時に観たビデオでダウンタウンや千原ジュニア、シティボーイズが好きになり、お笑い芸人に興味を持った。。高校時代に爆笑問題のラジオ番組である「爆笑問題カーボーイ」に、自らが投稿したネタが採用された経験がある。

a

中田 敦彦 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

4: 2016/11/16(水) 19:45:54.67
自分はパクるが他人は駄目をやっちゃ駄目だわな

5: 2016/11/16(水) 19:47:09.66
トレンディエンジェル斉藤がPERFECT HUMANのパロディをやってぶち切れていた中田

21: 2016/11/16(水) 19:56:16.97

>>5

パロディーの方が面白かった

43: 2016/11/16(水) 20:17:45.21

>>21

そりゃ本家は笑わせる気が無いんだから面白くないだろ

スポンサーリンク



続きを読む

124
-
Rates : 0