小保方晴子が着ていたワンピースの値段(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/21hYS8z 小保方晴子が着ていたワンピースの値段(画像あり)

JIL6fQc0geVnGKy1465811915_1465811921

1: 2016/06/13(月) 17:11:52.27 

小保方晴子さん(32歳)が、男性たちから「あまりにも美人すぎる」と大絶賛されている。モデル級のプロポーション、女優級の美貌、そしてアニメ声優級の萌え声、すべてにおいて日本人男性のハートを虜(とりこ)にしているのだ。

・女としての小保方晴子
雑誌「婦人公論」で、僧侶の瀬戸内寂聴さん(94歳)と対談。STAP細胞騒動の会見では見ることができなかった、小保方さんの「女としての小保方晴子」を見せた(魅せた)のだ。

・対談中に涙を流す
寂聴さんはインターネット上でも非常に人気のある人物で、特に2ちゃんねるでは「落ち着きたいときに「寂聴」と書き込めば落ち着ける」と言い伝えられており、それを実践する者も少なくない。

・興奮する夜を過ごす男性たち
この対談のようすは写真でも掲載されており、あまりにも小保方さんの容姿が美しかったため、女性向け雑誌であるにもかかわらず、多くの男性が「婦人公論」を購入。小保方さんの頬を赤らめて涙する姿に、興奮する夜を過ごしたという。

・「レッドヴァレンティノ」のワンピース
この日、小保方さんが着用していた服は、ヴァレンティノのワンピース。ビーズによる刺繍がキュートな逸品で、湾曲した襟がファビュラス。価格は約12万円でイタリア製である。小保方さんの美しさを盛り上げるファッションとして、ふさわしいワンピースといえるだろう。

・深い傷を負う無防備なハート
この「婦人公論」の対談、どうしても小保方さんの美しさに目が行きがちだが、何よりも注目すべきなのが、小保方さんが今まで抱えてきた苦悩と、それを乗り越えつつあるいまの心境だ。彼女はいたって普通の女性。特別な人物ではなく、可憐な乙女であり、野に咲く一輪の花、いわゆるフラワー。世間からバッシングを受ければ、それだけ深い傷を負う無防備なハートなのだ。

そんな小保方さんが、いま「鉄の鎧」を身にまとい、今後の人生を強く、一歩一歩、前に進もうとしている貴重な対談と言えるだろう。寂聴。

http://ift.tt/25WOXIX
no title
no title
no title
no title

小保方 晴子


小保方 晴子(おぼかた はるこ、1983年9月25日)は、独立行政法人理化学研究所の元研究員。学位は早稲田大学博士(工学)であるが、猶予期間を設けたうえでの取り消しが決定している。

概要


ハーバード大学医学大学院客員研究員、理化学研究所発生・再生科学総合センター客員研究員、同・細胞リプログラミング研究ユニットリーダーとして、胞子様細胞・刺激惹起性多能性獲得細胞(STAP細胞)の研究に従事。2014年1月に自身が筆頭著者であるネイチャー誌への論文掲載に伴い、「リケジョの星」として注目を集めたが、自身の博士論文も含めて論文不正や研究実態の疑義が問題となった。

DdwBFJoQUV

小保方 晴子 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

瀬戸内寂聴



瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年(大正11年)5月15日 – )は、日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名晴美。
僧位は大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士(東京女子大学)。元天台寺住職現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民。京都市名誉市民。代表作には『夏の終り』や『花に問え』『場所』など多数。1988年以降には『源氏物語』に関連する著作が多い。これまでの著作により多くの文学賞を受賞した。

経歴


東京女子大学在学中の1943年に21歳で見合い結婚し翌年に女の子を出産、その後夫の任地北京に同行。1946年に帰国し、夫の教え子と不倫し、夫と3歳の長女を残し家を出て京都で生活。
大翠書院などに勤めながら、初めて書いた小説「ピグマリオンの恋」を福田恆存に送る。1950年に正式な離婚をし、東京へ行き本格的に小説家を目指し、三谷晴美のペンネームで少女小説を投稿し『少女世界』誌に掲載され、三谷佐知子のペンネームで『ひまわり』誌の懸賞小説に入選。少女世界社、ひまわり社、小学館、講談社で少女小説や童話を書く。なお長女とは後年出家後に和解したという。修道女を志すも乳児を残して男性と逐電した過去の行状から教会から拒否されたと言う。出家を志して多くの寺院にあたるも拒否されていたが、1973年に今春聴(今東光)大僧正を師僧として中尊寺にて天台宗で得度、法名を寂聴とする(戸籍上の氏名は、1987年に天台寺住職となった際に瀬戸内寂聴に改名)。翌年、比叡山で60日間の行を経て、京都嵯峨野で寂庵と名付けた庵に居す。尼僧としての活動も熱心で、週末には青空説法(天台寺説法)として、法話を行っていた。

8aaf230bfab71c062f9cec4b1f69af5c

瀬戸内寂聴
– Wikipedia


http://ift.tt/1VYBdcQ

3: 2016/06/13(月) 17:14:35.87
正直荒川静香と同じレベル

61: 2016/06/13(月) 17:37:43.20

>>3

ワロタ



続きを読む

54
-
Rates : 0