松嶋菜々子にフジテレビが土下座外交かwwwwww

芸能人の気になる噂 http://ift.tt/1UcDy26
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/05/25(水) 07:44:58.69 ID:CAP_USER9

4月スタートのドラマが折り返しを迎え、7月期ドラマの情報が発表される中、
『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)で3年ぶりに連続ドラマに主演する
松嶋菜々子(42)がテレビ業界で話題になっている。「この企画では出演できない」――
配役を巡ってフジテレビに物言いをし、企画・キャストを白紙にするという異常事態が発生したのだ。

当然、出演予定だった役者を抱える芸能事務所は右往左往。方々にしこりが残ったという。
それにしてもなぜ、フジは他事務所を敵に回してまで、松嶋サイドの無茶な要望を飲んだのか。

「この一件こそ、フジテレビのブランド力崩壊を意味している」

と関係者は話す。

「今や業界では、『フジに出演しても、やけどするだけ』と言われるほど、敬遠される局になってしまった。
ギャラを通常の倍出しても断る事務所もあり、芸能人のフジ離れは加速しています。
松嶋さんのキャスティング白紙の一件は、最初から松嶋さんありきの姿勢のため、当然立場は弱い。どれだけわがままを言われても、飲むしかないのです」

■時代遅れのドラマ作り

かつて「ドラマのフジ」と称えられた姿は見る影もない。そこには、「時代遅れで思考停止した制作陣に問題がある」と、前述の関係者が語る。

「視聴率低下にあぐねるフジがとった方針は、『HERO』『GTO』『ショムニ』など、過去のヒット作のリメイクです。
結果、視聴者からは『昔の方がよかった』『つまならい』という意見が噴出し、ブランド力をさらに低下させてしまった。
そこで次は、過去のヒット作の主演なら視聴率を獲れると、俳優頼みのキャスティングに走りました。
しかし、『ガリレオ』で平均視聴率20%を出した福山雅治(47)が主演を務める『ラヴソング』が大爆死していることからわかるように、もはやそれは幻想でしかない。
こうした方針は亀山社長の意向なのでしょうが安直すぎる」

プロデューサー時代、『ロングバケーション』(1996年)、『踊る大走査線』(1997年)など、
ヒット作を多く手掛けてきたフジテレビの亀山千広社長(59)だが、感覚が90年代で止まっているのだろうか。
今の時代を読むことができない限り、フジテレビの復権は難しい。

http://ift.tt/1WgJESy
2016.05.25 07:05 デイリーニュースオンライン

no title

続きを読む

134
-
Rates : 0