高須院長、緊急入院で手術「ドクターストップかけられた」

GOSSIP速報 http://ift.tt/23cqvl6
高須院長、緊急入院で手術「ドクターストップかけられた」

 

ek8LckPHFCwF3251466028911_1466028925

1: 2016/06/15(水) 23:22:47.58 

高須クリニック院長の高須克弥氏(71)が体調を崩し、都内の病院に緊急入院していることが15日分かった。公式ブログとツイッターで自ら報告している。

11日にはブログで「熱が下がらない」のタイトルで更新。前日に高熱を押して仕事をしたが、朝になって40度に上がり「めまいがして歩けない」と告白。「やけくそになって高須クリニックの鎮痛剤と解熱剤をしこたまのんでみた あら 不思議 元気になっちまったぜ」とコメントしていた。

13日にはベッドで横になる自身の写真とともにツイッターで「病院入院なう」とつぶやき、続いて足に点滴をする様子や、ベッドの上に座りうな丼にお茶をかける写真とともに「鰻茶漬けくうぞなう」と投稿。その後、「気合いじゃ気合いじゃ。うなぎ屋から出前とって全部食ったぜ。食い終わってから主治医が『絶食です』詳しく聞かないでごめんね なう」などと投稿している。

15日昼には、「たぶん今夜大手術。やりたいことやっていいって。明朝きせきの復活だぜい」とツイートし、手術を受けることを示唆していた。

15日の午後10時には「ホリエモンのあと釜は高須院長。バンバンの仕上がりだったのに5日前より腹がいたくなり原因不明の高熱で意識不明。僕は約束を死んでも守る主義。解熱剤と鎮痛剤をいっぱい使って参加予定だったがドクターストップかけられ入院緊急時手術なう」と断腸の思いを投稿している。頻繁にツイッターをアップしているが、病名など体調不良の詳しい原因などは不明だ。

http://ift.tt/262E7Bc

高須 克弥


高須 克弥(たかす かつや、1945年〈昭和20年〉1月22日 – )は、日本の医師(美容外科)。学位は医学博士(昭和大学・1973年)。高須クリニック院長、昭和大学医学部客員教授、高須病院理事長、馬主、浄土真宗僧侶。

人物



大学院在学中からイタリアやドイツなどに研修に行き、最新の美容外科技術を学び、その後「脂肪吸引手術」を日本に紹介した。
テレビなどのメディアを使って美容整形を一般に認知させた立役者であり、芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した。国際美容外科学会会長にも就任している。

katsuyatakasu

高須 克弥 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

3: 2016/06/15(水) 23:23:59.85

お大事に。

5: 2016/06/15(水) 23:24:50.24
大丈夫なんかいな

6: 2016/06/15(水) 23:25:29.99
車いす画像ツィはみた


続きを読む

290
-
Rates : 0