【悲報】大塚家具、業績悪化で窮地に追い込まれる…

GOSSIP速報 http://ift.tt/2gCrivN 【悲報】大塚家具、業績悪化で窮地に追い込まれる…


a

大塚家具の業績が落ち込んだ二つの理由



大塚家具の業績はなぜこれほどまでに落ち込んだのか。大きな理由は二つある。
一つは中途半端な価格戦略だ。家具業界は、低価格商品を強みとするニトリやスウェーデンのイケアの勃興によって高級品と普及品への二極化が進んだ。勝久前会長は、そうした変化の中にあっても高級品路線を貫いてきた。

一方、久美子社長はニトリやイケアに対抗すべく、従来よりも低価格な商品を増やし、全方位戦略を敷いている。
そのため、「誰がターゲットなのか」がぼやけてしまった。

より大きな理由は二つ目にある。安売りセールによる「大塚家具ファン」の心離れだ。

大塚家具は創業以来、問屋を通さないという流通形態を取ることで百貨店などの競合と差別化し、高級品をできるだけ安く販売するモデルを築いてきた。

1993年以降は、商品は最初からできる限り低価格に抑え、どれだけ客に頼まれても「原則、値引きはしない」をおきてにした。客が愛想を尽かして帰っても、百貨店などで同じ商品の価格を比較して、大塚家具に戻ってくるケースが多かったという。それ故、リピーターが多いのが特徴だった。

安易なセールは、このモデルでつかんだファンからの信頼を裏切ることになる。しかし、15年4~5月に開催した「大感謝セール」以降、久美子社長体制ではこれまでに計4回のセールを実施した。

“禁断の果実”に手を出した結果、15年3月の株主総会以降、セール実施月を除くと、店舗売上高が前年実績を超えた月はほとんどない。結局、業績悪化に拍車が掛かるばかりとなった。

売却予定とみられる春日部の土地は、勝久前会長が購入を決めたものだ。久美子社長は当時、土地の購入に断固反対していた。

皮肉にも、勝久前会長が購入を決めた土地が資産価値を上げその売却益によって、久美子社長体制は救われようとしている。

とはいえ、一時的な止血であり、根本的な解決策ではない。通期決算は来年2月中旬に発表され、3月下旬には株主総会が控える。再び大塚家具に注目が集まることになりそうだ。

大塚家具が業績悪化で窮地、久美子体制2つの過ち (ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

大塚家具




株式会社大塚家具(おおつかかぐ、Otsuka Kagu, Ltd.)は、東京都に本社をおく家具販売会社である。対外的なコーポーレートブランドネーム(商標)としては「IDC大塚家具」(アイディーシーおおつかかぐ)の名称を用いている。
なお、大塚ホールディングスおよび同グループ傘下の家具メーカーである大塚家具製造販売とは沿革・資本共に一切無関係である。

大塚家具は創業者である大塚勝久が取り入れた、広告宣伝費の大量投入と「入店時に顧客ファイルを作成し(=会員制の導入、店員が顧客について回る」という積極的な接客により“結婚後のまとめ買い”需要を取り込むことで成長。

2001年12月期には営業利益75億円でピークを迎えたが、その後住宅需要低迷やニトリ・イケアをはじめとする新興勢力の台頭、さらには自社株買いに伴う不祥事に伴い業績が低迷。

2005年には執行役員制を導入。従業員出身の取締役を解任し、5人の取締役全員を一族から選任した

A

大塚家具 – Wikipedia

関連動画



大塚家具経営権争い 久美子社長ノーカット会見1(15/03/27)

スポンサーリンク


続きを読む

118
-
Rates : 0