ユーミン『恋人がサンタクロース』を反省 「恋人と過ごすという社会への呪縛になった」

GOSSIP速報 http://ift.tt/2htjAFs
ユーミン『恋人がサンタクロース』を反省 「恋人と過ごすという社会への呪縛になった」

10VT5U86cj034D61481927758_1481927768

1: 2016/12/17(土) 02:03:24.86 

松任谷由実がクリスマスソングの定番となった『恋人がサンタクロース』について自身のラジオ番組で語った。

ところがこの『恋人がサンタクロース』は、やがて生みの親の手を離れて社会現象を起こす存在となっていく。

彼女は「自分でいうのもなんだが」と前置きして「“恋人がサンタクロース”というフレーズが社会への呪縛のようになったかも」「クリスマスをそういう風な日にしてしまったかもしれなくて。反省してもはじまらないんですけど」と振り返った。

実は12月13日に『マツコの知らない世界』で音楽ライターが『恋人がサンタクロース』によって「クリスマスは恋人と過ごすもの」というブームが起きたと説いていた。作者であるユーミンがそのように反省するのだから、彼の説は外れていなかったのだ。

松任谷由実のニュース -ユーミン『恋人がサンタクロース』を反省 「社会の呪縛になった」楽天WOMAN

松任谷由実(1954/1/19)



日本のシンガーソングライター。

1972年にシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビュー。

以降、ユーミンの愛称で呼ばれる。

新潟・苗場プリンスホテルで開催される冬のコンサート『SURF&SNOW in Naeba』では、自身が持つ同一会場でコンサートを行う女性アーティスト1位の記録を毎年更新。

立教女学院高等学校、多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業。

1975年12月にアレンジャー・松任谷正隆と婚約、1976年11月29日に横浜山手教会にて結婚。松任谷由実の名で音楽活動を続行。
2914022100003_1

松任谷由実 – Wikipedia

動画



恋人がサンタクロース

スポンサーリンク


続きを読む

151
-
Rates : 0