ASKA、家庭崩壊のカウントダウン…

芸能人の気になる噂 http://ift.tt/2hbRIT8
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2016/12/17(土) 08:59:04.47 ID:CAP_USER9

 ミリオンセラーを連発した国民的人気歌手の面影はもはや微塵もない。禁断症状の果てに再びお縄となり、家族にも見放されてしまったASKA(58)。かつての栄光だけでなく、成功の象徴だった豪邸までもが永遠に失われようとしているのだ――。

 ***

 今回の逮捕で奈落の底に突き落とされた女性がいる。これまで彼を献身的に支え続けてきた洋子夫人である。

 ASKA夫妻を知る音楽関係者によれば、

「ASKAは10年以上前から、家族に対して支離滅裂な発言を繰り返すようになりました。洋子さんは伝手を辿って腕の良い精神科医を探し、夫に治療を受けさせていた。当時から、薬物常習者の治療に用いられる“ハロペリドール”という強力な抗精神病薬も処方されていたようですが、症状は一向に改善しなかった」

 ASKAより2歳年上の妻は、一昨年の逮捕劇で初めて、夫の異常な言動が覚醒剤の禁断症状によるものと知ることになる。裁判では愛人との淫らな関係まで白日の下に晒され、離婚は避けられないと取り沙汰された。

 にもかかわらず、

「洋子さんは保釈されたASKAの更生に尽力してきた。治療を嫌う夫を宥め、今年1月からの約4カ月間は八王子の病院に強制入院させ、退院後は、依存症治療で有名な佐賀の医療施設への通院にも付き添っている。フラッシュバック現象を避けるために、覚醒剤の隠し場所だった夫の書斎も改装した。ASKAをひとりにしないよう、7月末には事務所名義で所有していた自宅近くのマンションも売却しています」(同)

■直前の検査は「陰性」

 だが、その頃からASKAに異変が生じ始める。

 過去に彼の著作を手掛けたこともある、旧知の編集者が振り返る。

「メールで連絡があったのは8月1日です。今年1月に公開したブログの内容を書き直すので本にできないか、と。届いた原稿は読みやすくはなっていましたが、盗聴や盗撮についての描写はむしろ増えていた。私が“立証できない話を出版するのは難しい”と告げても、“絶対にこの問題を世に問わなければならない”と言って譲りませんでした」

 11月に入ってからは、さらに意味不明な発言が目立つようになる。同時に、妻と長男、長女が暮らす自宅を避け、定宿のホテルに泊まることが多くなった。

 洋子夫人の脳裏にかつての悪夢が蘇ったことは想像に難くない。

「ただ、11月中旬に佐賀の病院で受けた尿検査の結果は“陰性”でした。この結果を聞いて、洋子さんも胸を撫で下ろしていた」(先の音楽関係者)

 この時の彼女は、夫が再び逮捕されることなど、考えもしなかっただろう。

■「購入を検討中です」

 夫が1度ならず2度までも法に触れたことで、気丈に振る舞ってきた洋子夫人の心が折れたのは間違いない。最初の事件で有罪判決を受けた際の「家族の支えのもとで人として立ち直る」という熱い想いのこもった言葉も、いまや虚しく響くばかりだ。

 家庭崩壊はカウントダウン状態。それどころか、水面下では準備作業まで進められていたのである。

 別の知人が声を潜めて明かす。

「ASKAの家族は自宅を売却することに決めたようだ。すでに仲介者を通じて買い手を探し始めている」

 逮捕当日、100人を超える報道陣が群れをなして押し寄せたASKAの自宅は、駒沢通りにほど近い高級住宅街に位置する。

 約300平方メートルの敷地に建つ地下1階・地上2階の豪邸で、いわば彼の栄光の象徴でもある。都内の不動産業者によれば、

「ここ数年、地価が高騰している地域なので“坪=300万円”で買えれば割安だと思います。ASKAさんの自宅は約90坪ですから、土地だけで2億7000万円。薬物事件の現場となった建物は取り壊すしかないですが、解体費用を差し引いても2億円は下らないでしょう」

 実際に話を持ちかけられたとされる業者に質すと、

「確かに、“売りたい”という話は伺いました。現在は購入を検討している段階です。騒ぎになっているので詳細は控えますが……」

 無論、妻にとっても自宅の売却は大きな決断である。 それでも、あえて踏み切ったのは、財産分与を円滑に進める準備と考えるのが自然だ。当然ながら、頭を過(よぎ)るのは「離婚」の2文字。

 結婚30周年を来年に控えた夫婦の関係は、もはや瀬戸際に追い込まれている。

>>2以降に続きます

デイリー新潮 12/17(土) 8:05配信
http://ift.tt/2hFtEve
http://ift.tt/2hJSes3

20161217-00515771-shincho-000-1-view

ASKA the BEST(初回限定版/布パッケージ仕様)
ASKA
EMIミュージック・ジャパン
1999-03-31


続きを読む

142
-
Rates : 0