川谷絵音は、ベッキー、ほのかりんの人生をどう狂わせたのか

芸能人の気になる噂 http://ift.tt/2hivH9p
1: きゅう ★@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 07:26:53.75 ID:CAP_USER9
ライブ会場を出る「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音 =12月3日、東京・青海(山崎冬紘撮影)
no title

ライブ中に不倫騒動について謝罪するゲスの極み乙女。の川谷絵音=平成28年1月7日、東京・渋谷区代々木(斎藤浩一撮影)
no title

報道陣の取材に対応するベッキー=6月10日、東京都江東区(蔵賢斗撮影)
no title

JFN系新レギュラー番組「ミッドナイト・ダイバーシティー~正気のSaturday Night~」の生放送のためエフエム東京に入り、約4カ月ぶりに報道陣に対応するベッキー=10月1日、東京都千代田区(蔵賢斗撮影)
no title

LINE新キャンペーン発表会に出席したベッキー=12月15日、東京都港区の品川インターシティホール(吉澤良太撮影)
no title

DVD「方言彼女。0[LOVE]」の発売記念イベントを行った、ほのかりんさん=平成25年7月15日(古田貴士撮影)
no title

 12月に発表されたユーキャン新語・流行語大賞でトップテン入りするなど、今年を象徴する言葉になった「ゲス不倫」。その“生みの親”が、タレント、ベッキーさん(32)と不倫騒動を起こしたロックバンド「ゲスの極み乙女。」(ゲス乙女)のボーカル、川谷絵音さん(28)だ。複数の女性との浮名を流し、活動自粛を余儀なくされた川谷さんの1年を振り返る。

「NHKに出られるとは…」

 「まさか『ゲスの極み乙女。』というバンド名で、NHKに出られるとは思いませんでした」

 昨年11月26日。ゲス乙女はNHK紅白歌合戦への初出場を決め、川谷さんは記者会見で、冗談めかして驚きを口にした。

 バンドは昨年、大きく躍進した。楽曲が映画の主題歌やCMソングとして次々と採用され、5月には甘利明経済再生担当相(当時)が「私以外私じゃないの」の替え歌でマイナンバーカードをPRする一幕も。日本レコード大賞優秀作品賞を受賞するなど、若手バンドの有望株として注目されていた。

 しかし、年明けに待ち構えていた更なる“飛躍”は、川谷さんも「まさか」想像していなかっただろう。

http://ift.tt/2hNbBTN
http://ift.tt/2i0XeeU
http://ift.tt/2i7PWmR
http://ift.tt/2i18pUT

続きを読む

179
-
Rates : 0