キンコン西野が自分の絵本を1万冊買っててワロタ

GOSSIP速報 http://ift.tt/2hQdLiu キンコン西野が自分の絵本を1万冊買っててワロタ


a

キングコング西野、自腹で絵本1万冊



絵本作家としても活躍するキングコングの西野亮広(36)が、10月21日に発売した絵本「えんとつ町のプペル」を個人で1万冊購入していたことを明かした。 
絵本についてはライバルを「ウォルト・ディズニー」と宣言し、精力的に活動している西野。今作はクラウドファンディングで資金を集め、35人のクリエイターとともに4年半かけて完成させた意欲作だ。

売上部数が予約販売だけで1万部を突破したことで話題を呼んだが、なんと“自作自演”だったという。

29日に更新したフェイスブックで「そういえば、言うのを忘れてました。『えんとつ町のプペル』は、初版部数を上げる為に、まずは個人で1万冊以上買ったんです」と告白。その額は2000万円を超えるという。「年明けに発売される『Discover Japan』で、2000万円を超える領収書の写真が掲載されてます」とその“証拠”も明かされるようだ。

1万部を超えれば大ヒットと言われる絵本で、「絶対に100万部は売る」と豪語する西野。実際に、出版不況もどこ吹く風とばかりにすでに23万部を突破している。しかし100万部売るのが目標ではない。「本当にやりたいことは、その先にあります」と前を見すえた。

キングコング西野、自腹で絵本1万冊購入していた | ORICON STYLE

西野 亮廣




西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年7月3日)は日本のお笑いタレント、俳優、絵本作家。2015年8月1日に、日比谷公会堂での独演会を終了後の次の日から(8月2日)約1ヶ月間、東京都 青山にて「おとぎ町ビエンナーレ」(自身の原画個展)に1万人を動員した。

2015年10月4日 自身の炎上の元とも思われるTwitterをやめる。理由としては「嫌な思いをしたとか、そういうのじゃなくて、単純に『飽きちゃった』というのが一番の理由。あと、これは自分自身に思ったことだけど、呟いてる自分が急激にダサく感じてしまいました。『呟くなよ、作れよ』と。あくまで、自分自身に対してね」現在はインフォメーションとして、Twitterをやっているが私事の呟きは見られない。

A

西野亮廣 – Wikipedia

関連動画




直撃 “絵本作家” キンコン・西野 作品を1000万円で売却!

スポンサーリンク


続きを読む

118
-
Rates : 0