アジカン・ボーカルの後藤が『フジロックの政治利用』批判に反論(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/28J5He1 アジカン・ボーカルの後藤が『フジロックの政治利用』批判に反論(画像あり)

ogZVSZbdK_1jd5H1466416607_1466416615

1: 2016/06/20(月) 17:59:40.83

今夏開催される野外フェス「フジロック・フェスティバル’16」に学生団体「SEALDs」の奥田愛基氏やジャーナリストの津田大介氏らが出演することに対し、ネット上では一部から「フジロックに政治を持ち込むな」「音楽の政治利用」などと批判の声があがっている。

こうした批判の声に、ロックバンド「アジアン・カンフー・ジェネレーション」のボーカル、後藤正文(39)が「フジロックのこと知らない人が言ってるよね」と反論した。

後藤は20日にツイッターで、「これまでいくつものNGOやアーティストがさまざまな主張をステージで繰り返してきたわけだし」と、フジロックと政治の関係性について述べ、今回の批判について「『読経に宗教性を持ち込まないでください』みたいな言説だよね」と的外れであることを指摘した。

後藤は、「フジロックに」ではなく「音楽に政治性を持ち込むな」という意見であれば、「リスナーは自由に言っていいと思う。そういう意見に忖度するかどうかも、作り手の自由」とした上で、自身は「音楽に持ち込んでいるのは社会性だと思ってるんだけれどね。政治性じゃない。社会と関わろうっていう、あるいは社会と関わらずにはいられない、ってことなんだけど」との考えを示した。

画像:アジアン・カンフー・ジェネレーション」のボーカル、後藤正文
no title
日刊スポーツ 6月20日(月)14時27分配信
http://ift.tt/28Ja2Su

078-nksports-ent 

ASIAN KUNG-FU GENERATION



ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)は、日本の4人組ロックバンド。略称「アジカン」。所属事務所は、Spectrum Management。所属レコード会社はKi/oon Music inc.

概要


1996年4月、関東学院大学の軽音楽サークル内で結成された。入学した際後藤が、別の音楽サークルから勧誘を受けるが、集合場所を間違えてしまい、本来来る予定ではなかった音楽サークルの集合場所に行ってしまい、そこで喜多建介と出会う。当時、そのサークルにはUKロックファンが喜多しかおらず、話をしてるうちに盛り上がり「バンドを組もう!!」となり結成。バンド名の由来は、後藤が好きだったTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTが、英単語を3つ使用している事から「3つ単語を使おう」と思い立ち、考えた末に「ASIAN KUNG-FU GENERATION」で決定。「海外の人たちが読んで驚くような名前」という意味も込められている。“カンフー”は、後藤がカンフー映画好きだから。作曲もほとんどが後藤の手によるものだが、他のメンバーが作曲に関わることもある。また、曲を作ったメンバーが歌えばいいという方針であり、喜多が作曲した「嘘とワンダーランド」では、後藤ではなく喜多がメインボーカルを担当している。

news_header_ASIANKUNGFUGENERATION_art201602

ASIAN KUNG-FU GENERATION
– Wikipedia


http://ift.tt/1VYBdcQ

3: 2016/06/20(月) 18:00:26.02
ネトウヨは自分でフェス開けばいいのにね
引きこもりだから無理か

5: 2016/06/20(月) 18:01:57.95
色々な意見はあって然るべきだし、主張するのも自由だからいいんじゃないの?
こんな団体に騙されるような奴は所詮その程度の奴なんだし



続きを読む

164
-
Rates : 0