中野美奈子アナ「左投左打」を「さとうさだ」 竹内由恵アナ「訃報」を「とほう」

芸能人の気になる噂 http://ift.tt/2kaNDjA
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 16:47:14.19 ID:CAP_USER9

“色が黒すぎる女子アナ”で知られるフリーアナウンサー・岡副麻希(24)の誤読が話題だ。
3日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)で恵方巻きの話題が出た際、今年の恵方である「北北西」を「きたきたにし」と読んでしまい、スタジオは大爆笑。

もともと天然キャラで人気に火がついた岡副アナだが、それでも視聴者からは<ここまで天然とは驚いた>などの声がネット上に相次いだほか、
<これでアナウンサーなの?>と失笑するコメントも上がっている。しかし、女子アナの歴史をひもとくと、岡副アナレベルの誤読なんてかわいいものだ。

元フジテレビの中野美奈子アナ(37)は局アナ時代、と読み間違えた。
おぎやはぎの矢作兼(45)が昨年1月、「バイキング」(フジ系)で共演していた岡副アナらにこのエピソードを披露するなど、テレビ界では伝説となっている誤読である。

現役のフジテレビアナ、生野陽子(32)にも恥ずかしいエピソードが。
映画「ステキな金縛り」の公開初日あいさつで司会を担当した際、なぜか「上映」を「えいじょう」と間違え、登壇した出演者たちから猛ツッコミを受けた。

テレビ朝日の竹内由恵アナ(31)は、かつて5分ニュースで「訃報」を「とほう」と読み上げる痛恨のミス。
この単語は女子アナにとって鬼門なのか、フジの内田嶺衣奈アナ(27)がFNNスーパーニュースで「けいほう」と読み間違えて赤っ恥をかいた。

「旧中山道」を「いちにちじゅうやまみち」と読んだ“猛者”もいる。元フジでフリーの有賀さつきアナ(51)がその人とされてきたが、
昨年11月のテレビ番組で「本当は私じゃないんですよ」と否定。実際は別のアナウンサーのエピソードだと明かした。

ただ、タレントの中山秀征(49)から「(このままの方がオイシイので)有賀さんがしたことにしておきましょう」と言われ、それまで放置してきたという。

女子アナの恥ずかしい誤読は枚挙にいとまがない。岡副アナも精進を続けてほしいものだ。

日刊ゲンダイ
http://ift.tt/2jNB0tO

写真
no title

続きを読む

199
-
Rates : 0