ダレノガレ明美、ベッキーに「皮肉たっぷり」のエール

芸能人の気になる噂 http://ift.tt/1TM45EJ
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/05/26(木) 08:46:39.04 ID:CAP_USER9

今月21日、タレントのダレノガレ明美(25)がベッキー(32)に向けてエールを送ったのだが、その言葉が皮肉めいていると話題になっている。

ダレノガレは「アリアナ・グランデ全国オーディション~“#Ariガール”を探せ~」に審査員として出席。
イベント終了後の囲み取材で『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で復帰したベッキーについて取材陣から聞かれると、
「『金スマ』を見させていただいた。やっぱり愛はすごいなと。愛することはすごいなと」と番組についての感想を語った。
さらに「ベッキーちゃんは本当に強いなと。これからもテレビに出ると思うので、応援したい。いつか共演できたらいいです」と熱いエールを送った。
しかしその後、自身に関しては「人様に迷惑をかけるような恋愛はしないです、誓います」とキッパリとコメントした。

「ダレノガレはベッキーが休業してから『空いた席に座らせていただきたい』と後釜に堂々名乗り出てましたね。
矢口真里(33)に対しても、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で共演したときに『昼の番組との(涙で謝罪していた時との)ギャップ』と皮肉たっぷりに言っていました。
本当に不倫を毛嫌いしているみたいなので、ベッキーに対して応援の気持ちなんてこれっぽっちもないでしょう」(女性誌記者)

世間でも、ダレノガレがベッキーに対して素直に応援していないと捉える人が続出。
「ベッキーを褒めてるようでディスってるな」「完全にベッキーにとどめを刺そうとしてるだろ」「『愛はすごい』ってとんでもない皮肉」などといった、ダレノガレの本心を読み取る声が多く上がった。
ベッキーの不倫報道が大々的に掲載されていた1月には、新幹線の中で笑顔で『週刊文春』を読む姿が盗み撮りされ話題となっていたダレノガレだけに、その本心は想像に難くない。

http://ift.tt/248zti8
2016.05.26 08:00 日刊大衆

no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

111
-
Rates : 0