和田アキ子「デビュー時の給料は30,000円だった!」←大卒の初任給が30,600円で草

GOSSIP速報 http://ift.tt/2kVNlxj 和田アキ子「デビュー時の給料は30,000円だった!」←大卒の初任給が30,600円で草


a

和田アキ子「どんだけ辛かったか」



19日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、和田アキ子が、デビュー時の給料を告白した。 
清水富美加の告白本「全部、言っちゃうね。」を取り上げた。同書の中で、清水は2014年途中までは月給が5万円だったと告白。加えて、2016年の時点で、年収1000万を手にしたとも綴っているという。

すると和田は「普通のOLではいないですよ!」「すごいじゃないですか!」と声を張り上げる。そして、自身のデビュー時の給料が3万円だったと明かしたのだ。

続けて、和田は恨みがましく「1万8000円、下宿代で引かれたんだよ?」「どんだけ辛かったか、ホンマに!」と吠えたのだった。

和田アキ子がデビュー時の給料が3万円だったと告白「どんだけ辛かったか」 – ライブドアニュース

和田 アキ子




和田 アキ子(わだあきこ:1950/4/10生)本名、飯塚 現子(いいづか あきこ)。
歌手、タレント、俳優、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家である。
mig (9)

在日韓国人として出生し、その後日本へ帰化。帰化前の通名は、金海 福子。
15歳の頃ホリプロの社長・堀威夫直々にスカウトされる。

1968年「星空の孤独」でレコードデビュー。
1972年「あの鐘を鳴らすのはあなた」で第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。
mig (10)

父親は柔道の道場を開いており、中学1年生の頃すでに柔道初段であった。

中学2年生の頃には父を憎んで反発。
飲酒・喫煙を繰り返し、大阪ミナミの繁華街を縄張りにし「ミナミのアコ」と呼ばれ恐れられていたという。

毎年、和田の誕生日パーティーは、多くの芸能人を招待して行われることで有名である。

9512fd450f195cf2297097f0e69808c6

和田アキ子 – Wikipedia

関連動画



生放送中に和田アキ子が出川哲朗を威嚇!「狩野英考に電話しろ」

スポンサーリンク


続きを読む

298
-
Rates : 0