火星で小人型エイリアン発見(画像あり)

GOSSIP速報 http://ift.tt/28UCe3f 火星で小人型エイリアン発見(画像あり)


3PcwGbwss4bRrp31466833425_1466833431

1: 2016/06/25(土) 13:53:39.90

NASAの火星探査車キュリオシティが撮影した映像に、「小人」のようなものが写り込んでいたことが分かった。 小人型の火星人と思われる。 NASAが公開している多数の火星画像の中から見つかった。

写真の小人は岩陰からキュリオシティをこっそりうかがっているように見える。 その様子から、かなり警戒心が強く、臆病な性格であることがうかがえる。 YouTube のUFO専門チャンネル Paranormal Crucible は、この火星人の身長を15cm程度と見積もっており、チリのアタカマ砂漠で見つかった「小人のエイリアンのミイラ」と同種の生命体であろうと推測している。

ただし、2013年に行われた調査によると、DNA検査の結果「アタカマ砂漠の小人のミイラは奇形の人間であった」と報告されている。 今回見つかった火星の小人についても、できれば生体捕獲し、DNAなどを詳しく調べる必要がある。

http://ift.tt/28V04zA
no title

火星



火星(かせい、ラテン語: Mars マールス、英語: マーズ、ギリシア語: Άρης アレース)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。
英語圏では、その表面の色から、Red Planet(レッド・プラネット、「赤い惑星」の意)という通称がある。

観測


2003年8月27日9時51分13秒(世界時)に火星は過去60,000年で最も近く、55,758,006 kmまで地球に接近した(惑星光行差補正なしでの値)。この大接近は火星の近日点通過の3日後が火星の衝の翌日と重なったために生じたもので、地球から火星を特に見やすくなった。これ以前に最も近く接近したのは紀元前57617年9月12日と計算されている[10]。太陽系の重力計算の詳細な解析から、2287年には2003年よりも近い接近が起こると計算されている。しかし正確に見ていくと、この記録的な大接近は284年ごとに4回起きている別の大接近よりもごくわずかに近いだけであることが分かる。例えば、2003年8月27日の最接近距離が 0.37271AU であるのに対して1924年8月22日の最接近距離は 0.37284AU であり、2208年8月24日の接近は 0.37278AU である。
2084年11月10日には火星から見て地球の日面通過が起こる。この時には太陽と地球、火星が一直線上に並ぶ。同様に火星から見た水星や金星の日面通過も起こる。火星の衛星であるダイモスは火星から見た角直径が十分に小さいため、ダイモスによる部分日食も日面通過と見なせる。

99480698

火星 – Wikipedia

http://ift.tt/1VYBdcQ

3: 2016/06/25(土) 13:54:58.36
錯覚

4: 2016/06/25(土) 13:55:00.17
おかわり頂いたであろうか


続きを読む

244
-
Rates : 0