あだ名の付け方が秀逸だった清水富美加に惜しむ声も…「もったいない」

芸能人の気になる噂 http://ift.tt/2kGcxvE
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 18:58:44.92 ID:CAP_USER9

 「現在テレビレギュラー2本、CM2本、公開が控えている映画3本と、ブレークの矢先だけに、いま芸能界を辞めるのは無責任。しかし、なによりももったいないですよ」(テレビ局スタッフ)

 宗教団体「幸福の科学」への電撃“出家”を宣言した女優の清水富美加(22)に、芸能界引退を惜しむ声があがっている。

 「富美加ちゃんはいつも明るくニコやかで天然の癒し系キャラだけに、仕事のオファーが殺到していました。また、それでいて人間観察力が鋭かったため、あだ名の付け方が秀逸だと話題にもなっていました」(前出・テレビ局スタッフ)

 彼女がつけたあだ名というと、「家政婦のミタゾノ」(テレビ朝日系)で共演したTOKIOの松岡昌宏のことを、現場を引っ張る力が強いので「驚異の4時間半巻き伝説俳優」、肌の色が近いとして松崎しげるに「松岡修造」、中居正広には「茶髪だべ」、劇団ひとりには目の形から「犯罪を見逃さない!ステッカー」などがあるが、見事(?)なネーミングセンスで、有吉弘行の上をいくほどだった。

 「あまりに突然の引退表明だっただけに、しばらく混乱は続くでしょうし、今後清水さん側が違約金を請求される可能性もあります」(芸能プロ関係者)

 あの笑顔と“ふみカス”ワールドが見られなくなるのは残念でならない。

2017.02.20
http://ift.tt/2kP6Ruw
no title

続きを読む

91
-
Rates : 0