NASAが生命を育む可能性がある7個の惑星を発見

GOSSIP速報 http://ift.tt/2la5lnR

NASAが生命を育む可能性がある7個の惑星を発見

FDYkHE9Mj2RQLXF1487805022_1487805027

地球から約39光年先に7個の惑星



地球から約39光年(1光年は約9兆4600億キロ・メートル)先の宇宙で、生命を育む可能性がある7個の惑星が見つかったと、米国や欧州などの国際チームが発表した。 
すべての惑星の表面に液体の水が存在する可能性があり、一部には海があるかもしれない。一つの恒星の周りに、生命が存在しうる惑星が7個も見つかったのは初めてという。論文は23日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。

この恒星「トラピスト1」は、小さくて暗い「矮星(わいせい)」と呼ばれるタイプに分類され、木星よりも直径が約2割大きいだけで、明るさは太陽の1000分の1以下。

研究チームは昨年5月にこの恒星を3個の惑星が回っていると発表したが、今回は米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡などを使って詳細に観測した。

39光年先、7惑星に生命?表面に水の可能性 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

動画



NASAが太陽系外惑星について重大発表


続きを読む

92
-
Rates : 0